MENU

119番のかけ方

 「火事」「救急」「救助」等のとき、「あわてず、安全な場所から正確に」通報することが被害を少なくし、人命や財産を守る決め手です。

通報要領

火事の場合

  1. 燃えているものは。
  2. 場所(住所または目標となる建物)は。
  3. けが人、逃げ遅れは。
  4. あとは係員が聞いた事に落ち着いて答えてください。

救急・救助の場合

  1. 要請理由(事故、急病等)。
  2. 場所(住所または目標となる建物)は。
  3. 傷病者の容体(性別、年齢、意識状態等)、人数、状況は。
  4. あとは係員が聞いた事に落ち着いて答えてください。

携帯電話からの119番通報

 携帯電話からの通報は、通報した市町村を管轄する消防本部で直接受付けています。
 電波の特性上、管轄境界付近では他の消防本部につながる場合がありますが、管轄の消防本部に電話を転送しますのでそのままお話できます。
 移動しながらの通報は、途中で切れてしまう場合があるので一旦止まった状態で通報してください。なお、運転中の携帯電話の使用は、道路交通法違反および大変危険ですのでやめてください。
 通報が終わっても消防本部から通報者へ電話をかけ直すことがありますので、消防車、救急車が到着するまでの間は携帯電話の使用は控えていただくようお願いします。

FAXからの通報

 八戸広域消防本部では、言葉や耳の不自由な方、あるいは電話での通報が容易ではない方々からの通報をFAXでも受付けています。下の送信用紙にチェックをして送信するものになっていますが、住所、氏名、要請内容が記入されていれば白紙を使用しても構いません。

名称

緊急通報FAX119

送信用紙

緊急通報ファックス119 Word版

緊急通報ファックス119 PDF版

番号

局番なしで「119」

メール119の利用について

 八戸広域消防本部では、電子メールによる119番通報の受付『メール119』を平成24年(2012年)3月9日(金)から行なっております。
 本システムの登録をご希望される方は、『ご利用案内』を必ずご覧になったうえで登録をお願いいたします。

申請用紙

『メール119』申請書 Word版

『メール119』申請書 PDF版

119番の適正利用について

 「119番」は、救急車・消防車を要請する緊急回線です。災害情報(サイレン)に関する問合せや、病院の問合せには絶対に使用しないでください。問合せに関しては、専用の番号がありますのでそちらにおかけください。

災害情報(サイレン)に関する問合せ

 TEL 0180-991-888 (消防情報案内)
 災害の場所、種別を自動音声でお知らせしています。
 消防車のサイレンは、ウーウーカンカン(サイレン音と警鐘)が火災、ウーウー(サイレン音のみ)はその他の災害です。

病院に関する問合せ

TEL 0178-24-3999(消防本部救急医療情報)

※災害発生時は、応答できない場合があります。

平日

16時30分から翌8時30分までの当番総合病院の案内

19時から23時までの在宅当番医の案内

休日

日中夜間(2当番制)の当番総合病院の案内

9時から18時まで、19時から23時までの在宅当番医の案内

 

 消防本部の指令員が電話対応しておりますので、医療に関する専門的な相談にはお答えできかねます。

お問い合わせ先

消防本部指令救急課(指令センター)

TEL:0178-44-2135

FAX:0178-46-1171

消防・救急

八戸地域広域市町村圏事務組合消防本部
〒031-0011 青森県八戸市田向五丁目1番1号
TEL:0178-44-2131
FAX:0178-44-1196
mail:shobo@city.hachinohe.aomori.jp