地域コミュニティ人材育成アカデミー

更新日:2021年12月20日

八戸市連合町内会連絡協議会と八戸市では、地域で活躍する人材の発掘と育成を目的に、地域活動の活性化や防災力向上等に役立つ知識・ノウハウを習得するためのアカデミーを毎年開講しています。ぜひ、当アカデミーに参加して、これからの活動にお役立てください。

令和3年度地域コミュニティ人材育成アカデミー

広報紙のつくり方入門講座

R3年度地域リーダー応援講座

 

R3年度広報紙のつくり方入門講座チラシ

令和3年8月7日(土曜日)、八戸グランドホテルを会場に『広報紙のつくり方入門講座』を開催しました。講座には町内会PTA、各団体の広報担当者など約40人が参加しました。

講師はWeb ディレクション会社 「ワラビノーツ」 代表の蕨 加奈子(わらび かなこ)氏が務めました。

蕨氏はPTA広報委員に携わった経験などから、まず「広報紙の存在意義を確認することが必要」だと説明しました。

例えば町内会の場合、広報紙の目的が活動の参加者を増やすことであれば、内容は活動をていねいに説明し、参加したくなる楽しいものにすることなどを解説しました。

また取材のコツや読みやすい文章の書き方などを伝授し、最後に「本当にめざしたいのは広報紙づくりを楽しめること」とつくる側の気持ちの大切さを伝えました。

地域で育むBOSAI力講座

BOSAI力講座演習の様子

 

演習の様子2

令和3年12月5日(日曜日)、白銀地区を対象に日本人と外国人が一緒に災害時の対応を学ぶ『地域で育むBOSAI力講座』を開催しました。
水産加工場で働くベトナム人技能実習生16人と地域住民など約50人が白銀公民館に集まり、避難所での対応など実践的な演習をしました。

第1部は、日本人と外国人に分かれ、ベトナム人技能実習生は八戸市防災危機管理課の職員から災害時の避難ルート、津波について説明を受けました。
日本人向け講座では、岩手大学国際教育センターの松岡洋子教授が「やさしい日本語」をテーマに講演しました。
松岡氏は「在日の外国人なら、英語より簡単な日本語の方が伝わる」、「ジェスチャーは世界共通ではない」ことを踏まえて、外国人が避難所に避難してきた時、「やさしい日本語」でどのように情報交換をすればよいかを解説しました。

第2部は日本人と外国人が合同で演習を行いました。第1部で講義を受けた「やさしい日本語」を使い、避難所での受付や食料の配布などに挑戦しました。参加者は悩みながら言葉を選び、活発にコミュニケーションをとっていました。

この記事に関するお問い合わせ先

総合政策部 市民連携推進課 地域連携グループ

〒031-8686 青森県八戸市内丸一丁目1番1号 市庁本館4階
電話:0178-43-9182 ファックス:0178-47-1485

市民連携推進課へのお問い合わせフォーム