八戸市国民健康保険加入の40歳~74歳の人の健診

更新日:2020年01月07日

特定健康診査

実施主体

八戸市

自己負担

無料

検査項目

問診、身体診察、身体計測(身長・体重・腹囲)、血圧測定、肝機能

血中脂質(中性脂肪・HDLコレステロール・LDLコレステロール)

血糖検査(空腹時血糖・ヘモグロビンA1c)、尿検査(糖・蛋白・潜血)

腎機能(血清クレアチニン)、尿酸、貧血検査、心電図、聴力

【眼底検査、眼圧検査は、医師が必要と認めた場合】

尿酸、聴力、眼圧検査は八戸市総合健診センターで受診した場合の項目であり、受託医療機関では行われません。ご注意ください。

健診場所

受託医療機関で受診できる方は、65歳以上の人および40~64歳の心身障がい者の方のみです。

回数

年度内(4月~翌年3月)に1回限り。

年度内に国保人間ドックと重複して受診することができませんのでご注意ください。
受診できるのは、八戸市総合健診センターか受託医療機関のいずれかで1回のみです。

注意事項

受診の際は、必ず保険証をお持ちください。

八戸市国保以外の保険(協会けんぽ等)に加入予定の方は、加入予定日の前に受診するか、加入後の新しい保険で受診してください。国保特定健診を受診後、受診日前に八戸市国保資格を喪失していたことが判明した場合、市で負担している健診費用(8,000円程度)を返納していただくことになります。

特定保健指導

特定健康診査を受診すると、メタボリックシンドロームの予防や生活習慣の改善に役立つ情報提供や、医師・保健師等からの支援を受けることができます。

健診の結果、保健指導(動機づけ支援・積極的支援)が必要とされた人には、別途通知します。

特定保健指導には、生活習慣改善の必要度に合わせて、下記の3つの種類があります。

特定保健指導の3つの種類
(1)情報提供 健康な生活を送るための生活習慣の見直しや改善のきっかけとなる情報を、健診結果とともに全員に提供します。
(2)動機づけ支援 保健指導が1回行われます。自分の生活習慣をどう改善すればよいのかを知り、目標を立て、実際に行動にうつせるよう支援します。
(3)積極的支援 3~6か月にわたり、積極的に保健指導が行われます。自分が実践できる目標を選び、継続的に実行していけるよう支援します。

医療機関で受診する必要がある場合は、「受診勧奨」と通知されます。

八戸市国民健康保険第2期データヘルス計画及び第3期特定健康診査等実施計画

この記事に関するお問い合わせ先

健康部 国保年金課 管理給付グループ

〒031-8686 青森県八戸市内丸一丁目1番1号 市庁本館1階
電話:0178-43-9376/0178-43-9314 ファックス:0178-44-9106

国保年金課へのお問い合わせフォーム