八戸市スポーツ大使ふるさとセミナー@八戸学院光星高等学校(令和5年9月14日)

更新日:2023年09月22日

八戸学院光星高等学校

光星高校スポーツ科学コースの皆さんと北谷社長

セミナー終了後 "ワッツポーズ"で集合写真
(最前列中央:青森ワッツ 北谷社長)

開催概要

開催日時

令和5年9月14日(木曜日) 13時50分~15時00分

講師(八戸市スポーツ大使)

【青森ワッツ】
青森スポーツクリエイション株式会社
代表取締役社長兼ゼネラルマネージャー 北谷 稔行 様

内容

[講演]
テーマ:プロスポーツチームを支える側としての心構え

参加者

八戸学院光星高等学校
スポーツ科学コース 1,2,3年生 165名

会場

八戸学院光星高等学校 体育館

開催の様子

講演テーマ:プロスポーツチームを支える側としての心構え

講演テーマ
プロスポーツチームを支える側としての心構え

北谷社長の講演

ご自身と青森ワッツについて紹介する北谷社長

ご自身と青森ワッツについて
紹介する北谷社長

まずはご自身のことと、青森ワッツのことについて、簡単に紹介がありました。

選手のお給料についても触れられました。
トッププレイヤーは、とても夢のある金額です!

講演に聴き入る生徒の皆さん

講演に聴き入る生徒の皆さん

選手は、提携するジム・整骨院・飲食店など、無料または割引きを受けて利用でき、生活費の主なものは家賃くらいだとか。

普段知ることのない情報に、生徒の皆さんは興味津々で本題に入っていきます。
 

支える人材1:チームスタッフ

チームスタッフ

支える人材2:フロントスタッフ

フロントスタッフ

スポーツチーム・選手を支える人材には、大きく2種類のスタッフがいることについて、紹介がありました。

  • チームスタッフ
    選手を直接的にサポートするスタッフ
    「通訳」は、外国籍選手の私生活もサポートするそうです。
  • フロントスタッフ
    チームの裏方を支える運営スタッフ

表舞台で活躍する選手以外にも、様々な役割があります。

このほかにも、スポンサーやファンの応援も含め、様々な支えがあってプロスポーツチームが成り立っているそうです。

生徒にエールを送る北谷社長

生徒にエールを送る北谷社長

講演内容はスポーツチームのスタッフに関することにとどまらず、ご自身の経験をもとに、今後の「人としての成長」などにも焦点を当てたお話・メッセージをくださいました。
いくつか抜粋してご紹介します。

  • 今の道に進んでやってこられたのは、「出会い」がきっかけだった。「出会い」を大切に。
  • 好きなものを好きで居続けることも大事。好きなバスケットに携わることができた。
  • 親・家族・先生・指導者などへの感謝の気持ちが大事。人間として素晴らしくあること。
  • 人には、生まれた環境などの違いがある中で、「時間」は誰にでも平等。限られた時間をいかに有効に使うかが大切。
  • スポーツでも仕事でも、情熱を持ってチャレンジすること。失敗したらどう立て直すかを考える。
  • 自分の中に限界をつくらないこと。過去にチームが中々勝てなかったとき、社長の自分が限界を作って諦めてしまってはいけないと感じた。
  • 将来青森県や日本を引っ張っていく皆さんのために、大人が道を作る。青森ワッツとしても道を作っていく。

質疑応答

質問を受ける北谷社長
  1. 選手といい関係を築くには?
    コミュニケーションが大事。
    選手から相談があった場合、選手が本音を言えるようにアドバイスは最後にして、あえて逆のことを話すなどして、選手の考えを引き出したりする。
    社長から話を持ち掛けることもあるそう。
     
  2. チームを支える面で意識していることは?
    全員が同じ方向を向いて取り組めるようにする。
    勝てないときは勝てないなりに目標・意識を共有する。
質問する生徒
  1. 支える側としてどういう気持ちでプレーしてほしい?
    見てくれる人・応援してくれる人に楽しんでもらえるよう、自らが楽しんでプレーする。
     
  2. 一流選手になる人はどういう人?
    経験上、コミュニケーション力がある人だと考える。いくら能力が高くても、周りとコミュニケーションが取れないと、能力が出し切れない。

そのほか、移籍した県出身選手は戻ってくるのかといった質問もありました。

最後に

北谷社長

北谷社長

北谷社長ご自身が、選手・社会人、チームスタッフ、フロントスタッフとご経験された上でのリアルなお話は、生徒の皆さんの心に響いたことと思います。

担当の先生からは、

  • 地元のチームということで、選手・スタッフ・ファン等の様々な関わり方からの将来を想像しながら、親しみを持って聴くことができた。
  • 選手として活動している生徒が多い中で、支える側の存在の大切さに気づくことができた。
  • 北谷社長の熱い言葉にモチベーションが高まった。

といったお言葉をいただきました。

北谷社長をはじめ、青森ワッツのスタッフの皆さん、本当にありがとうございました!

八戸学院光星高等学校 スポーツ科学コースの皆さん、お疲れさまでした!

この記事に関するお問い合わせ先

総合政策部 広報統計課 シティプロモーション推進室

〒031-8686 青森県八戸市内丸一丁目1番1号 市庁本館4階
電話:0178-43-2319 ファックス:0178-47-1485

広報統計課へのお問い合わせフォーム

より良いサイトにするため、みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか
分かりにくかった理由はなんですか(複数回答可)
このページは見つけやすかったですか
見つけにくかった理由はなんですか(複数回答可)