八戸市リサイクルパートナー制度

更新日:2020年01月07日

市では、資源集団回収を行う団体をリサイクルパートナーとして登録し、活動実績に応じて補助金を交付しています。

資源集団回収って?

 資源集団回収とは町内会や子ども会、老人会や婦人会などの団体が、自主的に再生利用可能な資源物を持ち寄り、再資源化業者に売却する活動を言います。

  • (注意1)回収できるのは八戸市内の家庭から排出された資源物に限ります。
  • (注意2)事業系ごみ(事業活動に伴って生じた廃棄物)を回収することはできません。

資源集団回収のメリットは?

 資源物の売却益が団体の活動経費として御利用いただけます。
 さらに、リサイクルパートナー制度に登録された団体には、市より回収重量に応じた補助金を交付しています。

リサイクルパートナー制度とは

 再生利用可能な資源物の回収を行った団体(リサイクルパートナー)に対して補助金を交付することにより、資源物の回収運動の推進を図ることを目的とする制度です。

リサイクルパートナーになるには

 八戸市に登録をする必要があります。登録の条件は、町内会・子ども会・PTA・婦人会などおおむね20名以上の構成員を有する団体であることなどです。

補助金について

 補助金は、回収量1キログラム当たり3円です。
上半期と下半期の2回に分けて補助金を交付しています。

資源物の種類

 回収する資源物の種類は、次のとおりです。ただし、八戸市内の家庭から排出されるものに限ります。

  1. 紙類(新聞・段ボール・牛乳パック・雑誌(注釈)・その他紙)
  2. 金属類(スチール缶・アルミ缶・金物類)
  3. びん類(繰り返し使用できるリターナルびん等)
  4. 古着類(ぼろ布・衣類等)
  5. プラスチック類(ペットボトルキャップ)

(注釈)雑誌は補助金の対象ではありませんが回収は行います。

  • (注意1)平成27年4月より新たに「古着」を追加しました。
     (回収対象は行政回収より広く、衣類全般としています。)
  • (注意2)平成29年4月より新たに「その他紙」を追加しています。
     (回収対象と方法は家庭ごみの分け方・出し方チラシと同様とします。)

登録申請用紙

 環境政策課窓口に直接持参、または、郵送での申請も可能です。

提出先

〒031-0801 八戸市江陽三丁目1-111
八戸市 環境部 環境政策課

登録(変更・廃止)用紙

 団体名や代表者などの変更や廃止される場合、それぞれの申請書を提出していただく必要があります。

 環境政策課窓口に直接持参、または、郵送での申請も可能です。

提出先

〒031-0801 八戸市江陽三丁目1-111
八戸市 環境部 環境政策課

この記事に関するお問い合わせ先

環境部 環境政策課 資源リサイクルグループ

〒031-0801 青森県八戸市江陽三丁目1-111 東部終末処理場3階
電話:0178-43-9362 ファックス:0178-47-0722

環境政策課へのお問い合わせフォーム