南郷の天然記念物

更新日:2020年01月17日

カヤの木

カヤの木の写真

県天然記念物:カヤの木

高松寺(こうしょうじ)にあるカヤの木は、推定樹齢800年、樹高20メートル、幹周り3.6メートル、昭和42年、県天然記念物に指定。
治承元年(1177年)平清盛の子重盛(しげもり)が、高松寺の前身である小松寺を建立し、その記念樹として植えたと伝えられます。

カヤの木の所在地の周辺地図

モミの木

3本のモミの木が並び立つ写真

市指定:モミの木

龍興山(りゅうこうさん)神社の参道脇にそびえる3本のモミの木は、推定樹齢300年、樹高38メートル前後、幹周り4メートル前後、平成4年、旧南郷村天然記念物に指定。
龍興山神社は、平重盛(しげもり)が虚空蔵菩薩(こくぞうぼさつ)を祀ったのが始まりとされ、険しい参道を登り切った山頂にあります。

モミの木の所在地の周辺地図

イチイの木(島守)

島守のイチイの木の写真

市指定:イチイの木(島守)

荒谷(あらや)えんぶり伝承館の奥にあるイチイの木は、推定樹齢400年、樹高14メートル、幹周り約3メートル、平成4年、旧南郷村天然記念物に指定。
当地に伝わる民俗芸能「えんぶり」にまつわる、えんぶり神の象徴として生息しています。

島守のイチイの木の所在地の周辺地図

クリの木

クリの木の写真

市指定:クリの木

稲荷(いなり)神社にあるクリの木は、推定樹齢200年、樹高20メートル、幹周り約3.6メートル、平成4年、旧南郷村天然記念物に指定。
稲荷神社は、寛保3年(1743年)の再興と伝えられます。境内には、様々な古木と手入れの行き届いた林床が広がっており、里山の自然が保たれています。

クリの木所在地の周辺地図

アカマツの木

アカマツの木の写真

市指定:アカマツの木

大森字黒坂(くろさか)にあるアカマツの木は、推定樹齢300年、樹高約23メートル、幹周り約4.1メートル、平成6年、旧南郷村天然記念物に指定。
旧南郷村では、赤松を村の木に指定していましたが、その中でもこの木は特に樹勢のよい古木で、江戸時代に街道並木(かいどうなみき)として植えられたと伝えられています。

アカマツの木の所在地の周辺地図

イチイの木(市野沢)

市野沢のイチイの木の写真

市指定:イチイの木(市野沢)

上(のぼ)り街道と軽米(かるまい)道(国道340号線)が分岐する辺りにあるイチイの木は、推定樹齢400年、樹高約11メートル、幹周り2.7メートル、平成4年、旧南郷村天然記念物に指定。
隣には戦死者を慰霊する忠魂碑のほか多数の碑が並び、近くには追分石があります。

市野沢のイチイの木の所在地の周辺地図

この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会 社会教育課 文化財グループ

〒031-8686 青森県八戸市内丸一丁目1番1号 市庁本館4階
電話:0178-43-9465 ファックス:0178-47-4997

社会教育課へのお問い合わせフォーム