泉山 貞義

更新日:2020年01月16日

泉山 貞義(いずみやま さだよし)

大正6年(1917年) ~ 昭和20年(1945年)

-長根育ちの日本チャンピオン-

泉山 貞義 さんの写真

本徒士町に生まれた貞義は、長根で幼い頃からスケートになれ親しんできた。抜群の運動神経の持ち主で、八戸商業学校ではスケートの他に陸上競技の選手としても活躍した。

昭和5年(1930年)、長根で開催された第1回全日本氷上選手権大会は、今日の「氷都・八戸」を築く礎となった画期的な大会だった。

昭和8年(1933年)の全日本中等学校スケート大会では500メートル、1500年メートルの各種目に中学新記録を出して優勝した。11年(1936年)には明治大学に進み、翌年の全日本スピード選手権では総合4位、その翌年は7位の成績を収めるなど、急速に頭角を現し、昭和14年(1939年)には、長野県で開かれた第10回全日本スピード選手権の1万メートルで、2位に17秒もの大差をつけて総合優勝に輝いた。

昭和15年(1940年)、10年ぶりに長根で第11回全日本スピード選手権が開かれた際には、軍服で開会式に参加し、優勝杯を返還したが、軍役のためレースには出場できなかった。昭和20年、フィリピンのルソン島で戦死し、再び故国の氷上に立つことはなかった。

明治大学学友会スケート部の卒業記念カップを手に持つ貞義さんと家族との集合写真

入営前に明治大学学友会スケート部の卒業記念カップを手に(前列中央・貞義)

第11回全日本スピード選手権開会式で、軍服姿で優勝杯を返還する貞義さんの写真

第11回全日本スピード選手権開会式で、軍服姿で優勝杯を返還する貞義

この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会 社会教育課 文化財グループ

〒031-8686 青森県八戸市内丸一丁目1番1号 市庁本館4階
電話:0178-43-9465 ファックス:0178-47-4997

社会教育課へのお問い合わせフォーム