成年年齢引下げ後の成人式対象年齢は引き続き20歳とします

更新日:2021年10月22日

令和4年(2022年)4月1日施行の「民法の一部を改正する法律」により、成年年齢が18歳に引き下げられますが、八戸市成人式は、従来通り、20歳を参加対象年齢として開催します。

対象年齢を20歳とする主な理由

  1. 成年年齢引下げ後に成人となる18歳の多くは高校3年生で、進学や就職などの進路決定に関わる重要な時期であり、式典への参加が難しくなることが予想されること。
  2. 20歳という年齢は、様々な権利が揃い、あらためて責任ある大人としての自覚を促す機会として、また、人生の節目を市全体でお祝いする時期に適していること。

令和4年度以降の式典開催日

「成人の日」の前日とします。

令和4年度以降の式典の名称

新成人の意見や他都市の状況を参考に検討し、式典の開催案内までに決定します。

この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会 社会教育課

〒031-8686 青森県八戸市内丸一丁目1番1号 市庁本館4階
社会教育グループ 電話:0178-43-9154/0178-43-9516 ファックス:0178-47-4997

社会教育課へのお問い合わせフォーム

より良いサイトにするため、みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか
分かりにくかった理由はなんですか(複数回答可)
このページは見つけやすかったですか
見つけにくかった理由はなんですか(複数回答可)