有害ごみの出し方

更新日:2020年01月07日

蛍光管、乾電池、体温計など、水銀等を使用した有害ごみの処分方法を紹介します。

対象となるもの

乾電池、蛍光管、水銀体温計、のイラスト画像
  • 乾電池(使い切りの電池)
    (注意:小形充電式電池やボタン電池の処分は下記リンクをご覧ください。)
    市では処理できないごみの処理
  • 蛍光管
    (電球型蛍光管含む) (注意:LEDタイプは不燃ごみ又は直管型で袋からはみ出る場合は粗大ごみ(5本まで粗大ごみ処理券1枚)へ)
  • 水銀体温計  

有害ごみの出し方

市内の有害ごみ回収協力店に設置されている回収ボックスに出してください。

回収協力店ポスター

このポスターが目印 

有害ごみ回収協力店一覧

 (注意)回収ボックスの位置はお店の人にご確認ください。

注意点

  • 安全のため、電池の金属端子部にテープなどを貼って絶縁をしてください。
  • できるだけ、買い替えの際など、購入したお店にお持ち込みください。
  • 携帯電話のバッテリーなどは販売店の回収サービスをご利用ください。 
  • 割れた蛍光管、電球やグローランプ(点灯管)は「燃やせないごみ」へ出してください。
電球とグローランプのイラスト画像

この記事に関するお問い合わせ先

環境部 清掃事務所

〒039-1107 青森県八戸市大字櫛引取揚石1-1
管理グループ・収集グループ 電話:0178-27-4511 ファックス:0178-27-7866

清掃事務所へのお問い合わせフォーム