不育症検査費用助成

更新日:2023年09月14日

八戸市不育症検査費用助成事業とは

現在研究段階にある不育症検査のうち、保険適用を見据え先進医療として実施されるものを対象に、不育症の方の経済的負担を軽減するため、不育症検査に要する費用の一部を助成します。

 

「流死産検体を用いた遺伝子検査(次世代シーケンサーを用いた流死産絨毛・胎児組織染色体検査)」が先進医療として位置づけられ、令和4年12月1日から本事業の助成対象となりました。

 

(注意)「流産検体を用いた絨毛染色体検査」は令和4年4月1日から保険適用となり、助成対象ではなくなりました。

制度内容

本事業の対象となる方及び対象となる検査の要件は、以下のとおりです。

 

対象者

次の条件を全て満たす方

  1. 申請日時点で、八戸市内にお住まいの方
  2. 既往流死産回数が2回以上の方

 

対象となる不育症検査

流死産検体を用いた遺伝子検査(令和4年12月1日以降に実施したもの)

ただし、当該先進医療の実施医療機関として届け出ている保健医療機関で実施した場合に限ります。

  • 流死産検体を用いた遺伝子検査を実施する医療機関として届出し、受理された日以降に受けた検査が対象です。
  • 八戸市外の実施している医療機関で検査を受けた場合も対象となります。

先進医療を実施医療機関として承認されている医療機関は、下記の厚生労働省HPでご確認ください(先進医療A29番に掲載されている医療機関)。https://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/sensiniryo/kikan02.html

助成額

先進医療検査費用の7割に相当する額(千円未満は切り捨て)となります。(注意)6万円が上限となります。

 

必要書類等

 

提出期限

検査が終了した日の属する年度内に申請していただく必要があります。

 

関連情報

この記事に関するお問い合わせ先

こども健康部 すくすく親子健康課

〒031-0011 青森県八戸市田向三丁目6番1号 3階
保健医療グループ 電話:0178-38-0374 ファックス:0178-38-0735
母子保健グループ 電話:0178-38-0711 ファックス:0178-38-0735
発育支援グループ 電話:0178-38-0712 ファックス:0178-38-0735

すくすく親子健康課へのお問い合わせフォーム