きのこ類のモニタリングと出荷制限について

更新日:2020年01月07日

  青森県では生産または採取・出荷される栽培きのこ、野生きのこ、野生山菜等の安全性を確認するため、平成23年7月から、県産農林水産物放射性物質のモニタリング調査を実施しています。

 八戸市で採取された野生きのこ類については、これまでの放射性物質検査で食品衛生法に基づく基準値を超過していませんが、青森市、十和田市、鯵ヶ沢町及び階上町では過去に食品衛生法に基づく基準値(一般食品100ベクレル毎キログラム)を超過した150ベクレル毎キログラムの放射性セシウムが検出されています。よって、これら4市町産の野生きのこ類については国からの出荷制限の指示が未だ解除されていませんので、採取したり、販売したり、喫食したりしないようにしましょう。

 調査結果は、品目や市町村ごとに検索できるデータベース機能を有した専用のホームページで公開しています。

この記事に関するお問い合わせ先

農林水産部 農林畜産課 農林環境グループ

〒031-8686 青森県八戸市内丸一丁目1番1号 市庁別館5階
電話:0178-43-9052 ファックス:0178-46-5697

農林畜産課へのお問い合わせフォーム