子宮頸がん(HPV)ワクチンを自費で接種した方への予防接種費の費用助成

更新日:2022年08月01日

八戸市では、子宮頸がん予防(HPV)ワクチンの積極的な接種勧奨が差し控えられている間に定期接種を受けることができず、定期接種の対象年齢を過ぎてから令和4年3月31日までの間に、HPVワクチンの任意接種を自費で受けた方を対象に、予防接種費の費用助成(償還払い)を行います。

HPVワクチンを自費で接種した方の任意接種費用の助成制度

対象者

次の1から4までをすべて満たす方

  1. 令和4年4月1日時点で八戸市に住民登録があること (注)
  2. 平成9年4月2日から平成17年4月1日までに生まれた女子
  3. 16歳になる年度(高校1年生相当)の年度末までに(定期接種の対象期間内に)、HPVワクチンの3回接種を完了していない
  4. 17歳になる年度(高校2年生相当)から令和4年3月31日までに、自己負担でHPVワクチンの任意接種を受け、実費を負担した方

(注意) 自己負担で接種を受けたときに八戸市民ではなかった方も、令和4年4月1日時点で八戸市民であれば、八戸市が申請先になります。

(注意) 令和4年4月1日時点に八戸市以外の市町村に住民票のあった方は、前住所地の自治体にお問合せください。

申請できる人

対象となる本人、またはその保護者

助成額

実際の支払額と市の定める額のいずれか少ない額

  • 市の定める額は、接種1回につき16,775円(税込)です。
  • 交通費や文書料など接種費用に含まれない金額は除きます。

申請手続き

申請書に必要事項を記入し、下記の添付書類を添えて、保健予防課に持参又は郵送により申請。

申請書

ヒトパピローマウイルス感染症に係る任意接種費用償還払交付申請書兼請求書 (第1号様式)(PDFファイル:158.9KB)

記入例

記入例(PDFファイル:176KB)

添付書類

(1) 接種記録が確認できる書類(母子健康手帳「予防接種の記録欄」の写し、接種済証の写し等)

(2) 振込先通帳の写し(名義人、口座番号等が分かるもの)

(3) 領収書の原本(接種した予防接種の種類が分かるもの)(注釈)

(注釈) 紛失等により領収書を提出できない場合は、添付不要です。

この場合、八戸市が定める基準単価(16,775円)が申請金額となります。

「(1) 接種記録が確認できる書類」がない場合

添付書類「(1)接種記録が確認できる書類」を紛失等の理由で用意できない場合は、接種した医療機関に下記証明書の発行を依頼し、必要事項を記入した上で提出ください。

ヒトパピローマウイルス感染症に係る任意接種費用償還払申請用証明書 (第2号様式)(PDFファイル:79KB)

書類の提出先

八戸市保健所 保健予防課(八戸市総合保健センター3階)

郵送による手続き

申請のために来所できない場合は、申請書類一式を保健予防課宛に郵送してください。

031-0011 八戸市田向三丁目6番1号

八戸市保健所  保健予防課   HPV予防接種担当 宛

申請期限

令和7年3月31日まで

注意事項

  • 償還払いと同種のものであると八戸市が認める費用助成を、八戸市以外の市区町村から受けた方は対象になりません。
  • 現在、定期接種の対象ワクチンではない9価ワクチン(シルガード9)の接種費用も助成対象となります。 ただし、助成額は八戸市で定める上限額の範囲内とします。
  • 申請に必要な添付書類や確認書類が不足している場合、書類の追加提出を求めることがあります。
  • 申請受付から支払いまでは、およそ1~2か月程度いただく見込みです。

この記事に関するお問い合わせ先

健康部 保健予防課

〒031-0011 青森県八戸市田向三丁目6番1号 3階
感染症対策グループ 電話:0178-38-0715(予防接種)/ 0178-38-0716(感染症) ファックス:0178-38-0736
保健福祉グループ 電話:0178-38-0717 ファックス:0178-38-0736


〒031-0011 青森県八戸市田向三丁目6番1号 4階
新型コロナワクチン対策室 電話:0178-38-0730 ファックス:0178-38-0736


保健予防課へのお問い合わせフォーム


より良いサイトにするため、みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか
分かりにくかった理由はなんですか(複数回答可)
このページは見つけやすかったですか
見つけにくかった理由はなんですか(複数回答可)