組合トップページへもどる


施 設 概 要


所在地   八戸市大字櫛引字山田山1の1
敷地面積   24,139
延べ床面積   ・工場棟   9,327
  ・プラザ棟  2,125
  ・計量棟     150
総事業費   44億1,840万円
工事期間   着工  平成10年8月12日
  完成  平成12年3月17日
供用開始   平成12年4月1日
処理能力   ・資源化ライン       49t/5h
  ・破砕ライン         61t/5h
  ・紙・布ライン        61t/5h
  ・有害ごみライン    0.09t/5h
    合  計     171.09t/5h
処理方法   フローシート


○工場棟
  ・以下の4ラインから構成されています。
 〇餮参愁薀ぅ鵝   缶・ビン・ペットボトルの混合物を自動的に機械で分別するライン。
 破砕ライン     不燃ごみや粗大ごみを破砕し、資源である鉄とアルミを選別して回収し、ごみの資源化
            と減量化を行なうライン。
 紙・布ライン    新聞紙やダンボール等の紙類や、古布を圧縮梱包するライン。
 ね害ごみライン   蛍光管を破砕して保管したり、乾電池を袋詰めして保管するライン。
  ・各ラインから選別された資源物は、再商品化事業者に送られリサイクルされます。
 


       不燃物・資源物等の年間処理実績(単位:トン)
処理年度 生活系ごみ 事業系ごみ 災害ごみ 合 計
平成29年度 12,122  2,057   14,181
平成30年度 12,071 2,015 14,086
平成31年度 11,824 1,949 20 13,793
令和2年度  12,254  1,768  1 14,023
令和3年度  11,786  1,747  0 13,533
 

○プラザ棟
  
 プラザ棟では、地域住民へのごみの再資源化や減量化に対する啓発を目的として、リサイクル展示コーナー、リサイクル工房、ふれあい工房があり、牛乳パック等を使用した紙すきによる葉書作りや、廃食油を使用した石けん作り等の各種体験教室を実施しています。
 また、地域住民から提供された不用になった家具や自転車等を再生した展示コーナーもあります。これらの展示品は、再生品提供で抽選のうえ、地域住民に低価格または無料でお譲りしています。
 
 

○施設見学者・工房利用者の年間実績(単位:人)
  
処理年度 施設見学者数 工房利用者
平成29年度  2,672  2,006
平成30年度  2,962  2,151
平成31年度 2,596 2,196
令和2年度 2,042 1,717
令和3年度 2,118 1,878
  
         
         
  リサイクルプラザホール   図書コーナー  PRコーナー  リサイクル作品コーナー 
 
○会議室等の使用  
  _餤勅爾箙房を廃棄物の減量やリサイクル等に資する目的であれば、会議・研修・講演会・団体活動の場として無料で
  利用できます。
   ・会議室の収容人員  約110名
   ・会議室は、ビデオプロジェクター設備もあります。
   ・工房は、水道設備もあります。
  △燭世掘下記に該当する時はお貸しできません。
   ・風俗または公益を害するおそれがあると認めるとき
   ・建物または付属物を損傷するおそれがあると認めるとき
   ・八戸リサイクルプラザの管理に支障があると認めるとき
   ・営業、宣伝その他これらに類する目的であると認めるとき
   ・集団的または常習的に暴力的不法行為等を行うおそれがある組織の利益になると認めるとき
   ・その他管理者が不適当であると認めるとき
 申込方法 
   ・八戸リサイクルプラザ使用許可申請書に、日時、人数、利用目的等を記入のうえ、八戸リサイクルプラザへ提出してください。
 
  
 
    リサイクルプラザトップへもどる     このページのトップへもどる