平成27年度 第1回八戸市地域公共交通会議

更新日:2020年02月25日

日時

平成27年6月5日(金曜日)午後3時から

場所

商工会館6階 会議室B

出席者

構成員 15名(うち代理出席1名)    

準構成員(オブザーバー)  

議事要旨

1.開会

2.議事

1 平成26年度決算について【協議事項】

資料1に基づき、事務局から説明

  • 質疑なし

賛成多数で承認

2 平成27年度補正予算(案)について【協議事項】

資料2に基づき、事務局から説明

  • 主な質疑内容 

構成員:現在の連携計画とは別に、この網形成計画を策定して、地域公共交通確保維持改善事業費という補助金を活用し事業を行うということですか。

事務局:今回の地域公共交通活性化再生法の改正に伴い、この連携計画が無くなり、連携計画に基づく事業も支援策も無くなり、補助金に関しても来年度から財源が使えなくなります。新たにこの公共交通網形成計画というものがこれに変わる計画として法律に位置付けられ、この計画を作ると利用促進等の実施に必要な経費に対し、最大2ヵ年の補助金がいただけますので、今年度計画を作って来年度と再来年度、補助を活用していきたいと思っています。それから、この法律改正に伴いまして、全国の自治体がこの計画を作って補助を活用しようと言う流れになりますので、財源的には非常に厳しいと考えておりますが、どうにか活用して利用促進を進めていきたいと思っています。

構成員:鉄道事業者とはどこですか。青い森鉄道さんとJRさんですか。

事務局:そうです。この後の議事で要綱改正について説明しますが、ご質問の通り、青い森鉄道とJRの2社を考えております。鉄道から路線バスの乗り継ぎがスムーズになって、今までより利便性が増して、もっと使っていただけるようになるような計画を作り出せればと思っています。

賛成多数で承認

3 八戸市地域公共交通会議設置要綱改正について【協議事項】

資料3に基づき、事務局から説明

  • 質疑なし

賛成多数で承認 

4 八戸公共交通利用促進ウェブサイト「みんなでかいぜん意見箱」の運用開始について【報告事項】

資料4に基づき、事務局から説明

  • 主な質疑内容

構成員:「みんなでかいぜん意見箱」って、なかなか知られないと使われないという感じですが、どのように周知していくのですか。

事務局:「広報はちのへ」には掲載したいと思っています。実際のところ、どのくらいの投稿があるのか、今の段階では全く読めないところがありまして、やっぱり使われないとせっかく作ったのに意味が無いというところもありますので、投稿の数を見ながら、少ない場合には別の周知方法を考えていかなければならないと思います。

構成員:「みんなでかいぜん意見箱」の開設期限は決まっていますか。

事務局:期限は特に決めていませんが、今のところは無期限で開設できればと考えています。運用開始しましたら、基本的には事務局の方でメンテナンスなど可能な範囲でやっていきたいと思っています。

5 その他について

バスパック企画の進捗のお知らせ(事務局)

  • 質疑なし

3.閉会

配布資料

この記事に関するお問い合わせ先

都市整備部 都市政策課 交通政策グループ

〒031-8686 青森県八戸市内丸一丁目1番1号 市庁別館6階
電話:0178-43-9124 ファックス:0178-41-2302

都市政策課へのお問い合わせフォーム