令和2年度 第1回八戸市地域公共交通会議

更新日:2020年07月13日

日時

 令和2年7月7日(火曜日)午後2時から

場所

 八戸市庁本館3階 議会第4委員会室

出席者

構成員17名

代理出席2名   

議事要旨

1.開会

2.議事

(1)南郷地区コミュニティ交通等再編検討事業について 【協議事項】

資料1に基づき、事務局から説明 
< 賛成多数により承認された >
 
【質疑等】
(会長)
コミュニティバスの復路を1便から2便に増便するという2ヶ月間の実証実験ということだが、周知方法等はどのようになっているか。
(事務局)
ポスター掲示とチラシ配布で広く周知する予定である。ただ、最優先に考えている周知対象は、現在、実際にコミュニティバスを利用されている方々(昨年度の調査で100~150名程度と想定)であり、実証実験の開始前に受託事業者スタッフがコミュニティバスに乗り込んでチラシを配りながら、利便性や利用方法について個別にご説明する予定である。
 

(2)令和元年度決算について 【報告事項】

資料2に基づき、事務局から説明 
監事から、監査報告
< 異議等なし >
 
【質疑等】
なし

(3)地域公共交通維持支援事業について 【報告事項】

資料3に基づき、事務局から説明 
< 異議等なし >
 
【質疑等】
(構成員1)
八戸市タクシー協会の会員となっていないタクシー事業者は、市内にどの程度いるのか。
(構成員2)
事務局から説明のあった有限会社日の出タクシー以外は、個人タクシーも含め、全て八戸市タクシー協会の会員となっている。八戸市は、平成17年3月に旧南郷村と合併しているが、有限会社日の出タクシーについては、合併前から現在に至るまで三戸郡タクシー協会の会員となっている。しかし、旧市内から南郷地区へのタクシー移動も想定されることから、今回発行予定のプレミアムタクシーチケットについては、同社でも使用できることとしたものである。
(会長)
コロナ禍でバス・タクシー事業者は大変な状況であるようなので、構成員の皆様にも周知等にご協力いただきたいと思う。

(4)その他

【質疑等】
(構成員1)
本日、参考配付されている「バスマップはちのへ2020」について、コミュニティバスの掲載がないのは何故か。圏域版のマップになったので、線だけでも入っていれば良いと感じた。
(事務局)
平成31年3月に「八戸圏域地域公共交通網形成計画」を策定し同年4月には、「八戸圏域地域公共交通活性化協議会」を立ち上げており、圏域にまたがるものについては、昨年度から同協議会の事業として実施している。そのため、当会議で実施するものは、あくまで市内完結のものに限られることとなった。
「バスマップはちのへ」については、2020年度版からは圏域版も掲載するということとし同協議会で作成しており、その中で、圏域版のマップにコミュニティバスを掲載すると詳細すぎて、かえって見づらいものになってしまうとの判断があったことから、コミュニティバスについては掲載を見送ったものである。ご理解いただきたい。

3.閉会

配付資料

この記事に関するお問い合わせ先

都市整備部 都市政策課 交通政策グループ

〒031-8686 青森県八戸市内丸一丁目1番1号 市庁別館6階
電話:0178-43-9124 ファックス:0178-41-2302

都市政策課へのお問い合わせフォーム

より良いサイトにするため、みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか
分かりにくかった理由はなんですか(複数回答可)
このページは見つけやすかったですか
見つけにくかった理由はなんですか(複数回答可)