「すごくよくわかる! BCP勉強会」の開催について

更新日:2022年06月29日

近年、東日本大震災のような大規模な地震や、台風・水害などの自然災害の頻発化、新型コロナウイルス感染症のような緊急事態により、中小企業・小規模事業者の事業活動の継続に支障を来たす事態が生じており、災害に対する事前の備えや事後のいち早い復旧など、事業者の対応力が求められています。

今回は、災害の多い今だからこそ、ご自身の事業が災害などにあった場合にリスク少なく事業継続していくための計画書作り(勉強会)を全3回コースで開催します。

是非、この機会にBCPの勉強をしてみませんか?

BCPとは?

BCP(Business Continuity Plan)とは、「事業継続計画」のことで、企業が自然災害・感染症・システム障害などの危機に陥った際の損害を最小限にとどめて、早期復旧するための方法、手段などを取り決めておく計画のことです。

BCPを作成する3つのメリット

☆メリット1☆ 危機に強い企業になる

計画を策定する過程で、想定されるリスクなどが明らかになり、緊急事態が発生しても対応力の高い企業になります。

☆メリット2☆ 企業価値が向上する

自然災害・感染症などのあらゆる危機に対応できると見なされ、お客様や取引先からの信頼が高まり、企業価値が向上します。

☆メリット3☆ 従業員を守る

事業が継続することで、従業員が安心して仕事に打ち込むことができ、企業全体における生産性向上にも役立ちます。

BCP勉強会の概要

地震・水害・土砂災害など、様々な事象に対して、リスクを最小限に「事業を継続的に行う」ためのBCPについて、3回に渡る講習で勉強していただくものです。

日時・内容

第1回:令和4年7月25日(月曜日)14時00分~16時00分

〔内容〕BCPの必要性と考え方/BCP作成事例

第2回:令和4年8月5日(金曜日)14時00分~16時00分

〔内容〕攻めと守りの経営戦略とBCP/BCP作成の仕方1.

第3回:令和4年8月18日(木曜日)14時00分~16時00分

〔内容〕BCP作成の仕方2./『事業継続力強化計画』認定制度について

*すべて(全3回)の講習を受けることで、より一層のご理解をいただけるものとなりますが、可能な範囲での参加でも構いません。

場所

八戸市庁別館8階 研修室

(注意)新型コロナウイルス感染症の感染拡大状況により、上記日程・場所の変更、又は中止をさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

講師紹介

渡辺リスクマネジメント事務所 渡辺 敬一 氏

いわき市出身。中小企業診断士。元独立行政法人中小企業基盤整備機構東北本部アドバイザー。

経営計画立案、企業再生、創業支援、マーケティング、財務管理など多岐にわたるが、特に事業承継、リスク対応型経営戦略を得意分野としている。

事業所の立場になって、リスク対応型事業承継戦略・リスク対応型経営戦略を共に創り上げていくことに関して定評がある。

対象者

市内事業者様

受講料

無料

定員

15名程度 (複数名での参加も可能です)

申込締切

令和4年7月20日(水曜日)

申込方法

下記のチラシの参加申込書に必要事項をご記入の上、八戸市商工課までファックスしていただくか、電話にてお申込みください。

(注意)ご記入いただきました情報は、本勉強会の運営目的以外で使用することはございません。

電話:0178-43-9242   ファックス :0178-43-2256  

【チラシ】すごくよくわかる!BCP勉強会(PDFファイル:664.6KB)

参加者の方へのお願い

新型コロナウイルス感染症対策として、マスク着用、手指消毒、室内の清掃・除菌、定期的な換気、ソーシャルディスタンスへのご協力をお願いいたします。

当日、発熱や風邪の症状などが見られる場合、参加をご遠慮いただくことがあります。

この記事に関するお問い合わせ先

商工労働観光部 商工課

〒031-8686 青森県八戸市内丸一丁目1番1号 市庁別館5階
商工振興グループ 電話:0178-43-9242 ファックス:0178-43-2256
貿易振興グループ 電話:0178-43-9244 ファックス:0178-43-2256

商工課へのお問い合わせフォーム

より良いサイトにするため、みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか
分かりにくかった理由はなんですか(複数回答可)
このページは見つけやすかったですか
見つけにくかった理由はなんですか(複数回答可)