第3回地域コミュニティ振興検討委員会 議事録

更新日:2020年01月07日

会議結果報告 リンク

日時

平成15年9月24日(水曜日) 17時~19時10分

場所

八戸市庁別館6階 会議室

出席者

(敬称略)

コミュニティ委員会委員5名(委員1名欠席)

 大沢泉 ・ 蟹沢幸治 ・ 稲垣眞理子 ・ 慶長洋子 ・ 藤村幸子

オブザーバー

 前山総一郎

要旨

 地域コミュニティ振興指針を策定するにあたり、地域における地区公民館の果たす役割等について、各地区の現状を把握するため、各委員が地区公民館へ訪問しヒアリングを行うこととし、調査項目や実施方法等について協議しました。

内容

  • ヒアリング項目案について、事務局から説明。項目案、ヒアリング実施方法について協議をおこなった。また、各委員のヒアリング先について担当を決めた。
  • 市民連携課から事前に中央公民館長及び地区公民館長にヒアリングを依頼し、具体的な日程調整、連絡は各委員が直接行う。調査期限は次回委員会10月31日までとする。
  • 前山議長から、アメリカシアトル市のコミュニティ自治について報告。
  • 前山議長からニューズレターの発行について提案。他の委員会と協議の上、決定。

以下、各委員発言

  • 町内会や地域団体と連携していることについて聞くことで、その地域の特徴や地域差が出てくると思われる。
  • 各地区の良いところをみつける。
  • このヒアリングの回答から、各地区の共通した課題・意見等が得られるかもしれない。
  • 現在は、地区公民館について地域との関わりについて現状を把握しようとしているが、地域を構成するものは他にもあり、そのことについても考えていかなければならない。
  • 町内会の実態を考えると、地域コミュニティ振興指針で、町内会の役割や責務など、町内会のあり方についても明記した方が良いと思う。

委員長総括(次回委員会について)

  • 各委員は、調査が終わったものから事務局へ提出する。
  • 次回は、ヒアリング結果から、地区公民館の地域との関わりについて把握する。

この記事に関するお問い合わせ先

総合政策部 市民連携推進課 市民協働グループ

〒031-8686 青森県八戸市内丸一丁目1番1号 市庁本館4階
電話:0178-43-9207 ファックス:0178-47-1485

市民連携推進課へのお問い合わせフォーム