戸籍事務の電子化が始まりました

更新日:2020年01月07日

戸籍はこれまで紙で作成・保管されてきましたが、八戸市では市民サービスの向上を目的として、平成25年7月16日より戸籍事務の電子化後の運用を始めました。電子化により戸籍情報がより正確に管理されるとともに、証明書の発行時間が短縮されます。

対象となる方

  • 本籍が八戸市の方が対象です。
  • 住民票の住所が八戸市であっても、本籍が八戸市以外の方は、対象となりません。

主な変更点

  • 戸籍全員を証明する「戸籍謄本」は「全部事項証明書」に、一部の個人を証明する「戸籍抄本」は「個人事項証明書」にそれぞれ名称が変わります。(証明手数料は450円で変更はありません。)
  • 現在の戸籍の氏名が、電子化後の戸籍に使用できない文字で記載されている場合は、原則としてその文字に対応した使用できる文字で記載します。また、住民票の氏名の文字も、戸籍に合わせた表記になります。
  • 電子化により新たに戸籍が作られることとなるため、婚姻や死亡などにより除籍となった方は電子化後の戸籍には記載されません。記載されていない事項が必要な場合は、「改製原戸籍(電子化前の紙戸籍)」をご請求ください。(交付手数料は750円です。)
  • 電子化により、本籍の地番に枝番がある戸籍については、「の」の文字を削除して表記します。
    例)八戸市大字○○字△△11番地の1→八戸市大字○○字△△11番地1

戸籍電子化の詳しい内容や手続きなどについては、下記をご覧ください。

戸籍電子化の内容

この記事に関するお問い合わせ先

市民防災部 市民課 戸籍グループ

〒031-8686 青森県八戸市内丸一丁目1番1号 市庁本館1階
電話:0178-43-9194 ファックス:0178-46-1517

市民課へのお問い合わせフォーム