畜産物の放射性物質検査結果(平成28年度)

更新日:2020年01月22日

八戸市内の畜産物について、放射性物質の検査結果をお知らせします。

農林水産物のモニタリング調査結果

調査結果一覧
測定日 測定場所 試料名 採取日 採取地等 放射性セシウム134
(ベクレル毎キログラム)
放射性セシウム137
(ベクレル毎キログラム)
7月29日 B 鶏卵 7月28日 八戸市 検出されず 検出されず
5月25日 D 牧草 5月24日 八戸市 検出されず(<5) 6
  • 調査結果は、調査を行っている青森県の公表結果と同じ表記としています。
  • EMF211型ガンマ線スペクトロメータ(測定場所A~C)の検出限界値は、セシウム134が15ベクレル毎キログラム、セシウム137が10ベクレル毎キログラム 。
  • ゲルマニウム半導体検出器(測定場所D)で測定した場合は、検出限界値を(<数値)と記載。
  • 測定場所は、Bが食品総合研究所、Dが民間検査機関。

牛肉の安全性確認検査結果(全頭検査結果)

過去の全頭検査結果

過去の放射性物質調査結果

参考

食品衛生法で定められている食品中の放射性物質の基準値
食品群 基準値(放射性セシウム134とセシウム137の合計(ベクレル毎キログラム))
一般食品 100
乳児用食品 50
牛乳 50
飲料水 10

(注意)放射性ストロンチウム、プルトニウム等を含めて基準値を設定。
半減期が短く、既に検出が認められない放射性ヨウ素には基準値は設定されていない。

この記事に関するお問い合わせ先

農林水産部 農林畜産課 農畜産グループ

〒031-8686 青森県八戸市内丸一丁目1番1号 市庁別館5階
電話:0178-43-9254 ファックス:0178-46-5697

農林畜産課へのお問い合わせフォーム