肥料価格高騰対策事業について

更新日:2022年11月14日

事業概要

世界的な穀物需要の増加やエネルギー価格の上昇に加え、ロシアによるウクライナ侵略等の影響により、化学肥料原料の国際価格が大幅に上昇し、肥料価格が急騰しています。

国では海外原料に依存している化学肥料の低減や堆肥等の国内資源の活用を進めるための取組を行う農業者に対し、肥料コスト上昇分の一部を支援する「肥料価格高騰対策事業」を実施します。

支援の対象者

化学肥料の使用量の2割低減を実現するため、土壌分析や堆肥利用等の取組メニューの中から2つ以上の取組を実施する農業者

(注意)   既に実施している取組の拡大・強化も対象となります

申請にあたっては、5戸以上の販売農家により組織する農業協同組合、肥料販売事業者等による申請が必要です。

支援の対象となる肥料

令和4年6月~令和5年5月までに購入した(する)肥料

1.秋肥分     令和4年6月~10月購入分

2.春肥分     令和4年11月~令和5年5月購入分

支援の内容

本年の肥料費に対して前年からの価格上昇率や使用量低減率により、肥料額の増加額を算定し、その7割を支援金として交付するもの。

支援金=(当年の肥料費 -(当年の肥料費÷価格上昇率(注意)1 ÷ 使用量低減率(注意)2)× 0.7

(注意)1    秋肥の価格上昇率は1.4(春肥の価格上昇率は令和5年2月頃決定予定)

(注意)2    使用量低減率は0.9

事業詳細

下記リンク参照

事業に関する問合せ先

【制度に関すること】

  青森県農林水産部 食の安全・安心推進課      電話:017-734-9352

【申請に関すること】

  (1)申請先

青森県農業再生協議会 肥料価格高騰対策事業事務センター

〒030-0861 青森県青森市長島2-10-4 ヤマウビル1階101号室

(電話及びファックス番号は調整中)

メールアドレス:hiryo_kakaku@pref.aomori.lg.jp

(2)申請期日(秋肥分)

【1回目】

申請受付期間:令和4年11月4日~11月14日

取組実施者への支援金支払い予定日:令和4年12月下旬以降

【2回目】

申請受付期間:令和4年11月15日~12月28日

取組実施者への支援金支払い予定日:令和5年3月頃

(注意)上記は目安であり、支払い時期が異なる場合があります。

(注意)春肥分の受付期間等は年明け以降にお知らせする予定です。

 

この記事に関するお問い合わせ先

農林水産部 農業経営振興センター

〒039-1101 青森県八戸市大字尻内町字毛合清水29
経営支援グループ・生産振興グループ 電話:0178-27-9163 ファックス:0178-27-9166

農業経営振興センターへのお問い合わせフォーム

より良いサイトにするため、みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか
分かりにくかった理由はなんですか(複数回答可)
このページは見つけやすかったですか
見つけにくかった理由はなんですか(複数回答可)