横浜ダンスコレクションEX関連企画 DANCE CONNECTION

更新日:2020年01月07日

平成26年度文化庁国際芸術交流支援事業 横浜ダンスコレクションEX関連企画 日本・韓国ダンス交流プロジェクト Yokohama Dance Collection × Seoul Dance Collection ダンス公演 DANCE CONNECTION풀다 / 解 (Pluda / Hodoku)

DANCE CONNECTION풀다 / 解 (Pluda / Hodoku)と書かれたチラシ

コンテンポラリーダンスのコンペティション「横浜ダンスコレクション(日本)」と「ソウルダンスコレクション(韓国)」が共同で行うプロジェクト。
出会いから始まる、日韓ダンス交流プロジェクト。横浜ダンスコレクションEX2014で奨励賞を受賞した井上大輔と、ソウルダンスコレクション2013で受賞したイ・サンフンによるコラボレーションは、時間をかけて言葉や文化、スタイルを超えて交ざり合う。
韓国、日本それぞれに滞在し、制作したダンス作品が八戸で上演されます。

日本での上演は、横浜と八戸だけ!

日時

2015年1月29日(木曜日)19時開演 終了しました
18時30分開場(20時30分頃終演)

会場

八戸ポータルミュージアム「はっち」2階 シアター2

アーティスト

井上 大輔(振付・出演)
イ・サンフン(振付・出演)

チケット(全席自由)

一般前売1,500円(当日2,000円)
学生前売1,000円(当日1,200円)

チケット取扱

八戸ポータルミュージアム「はっち」 0178-22-8228
(9時-21時 第2火曜日休 来館購入)
JCDNダンスリザーブ (web予約・当日精算)
横浜赤レンガ倉庫1号館 045-211-1515 (前売予約・当日精算)

お問い合わせ

横浜赤レンガ倉庫1号館(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)
045-211-1515

日本・韓国ダンス交流プロジェクト 八戸公演の開催経緯

ダンス公演「DANCE CONNECTION」は、横浜で開催されるダンスのコンペティション「横浜ダンスコレクションEX」と韓国で行われているダンスのコンペティション「ソウルダンスコレクション」が手を組んで行われるダンスのプロジェクトです。日本と韓国の、異なるバックグラウンドを持つ2人のダンスアーティストが、順に 両国に滞在して、異国の空気を感じながら作品を共同制作、上演を行います。

日本での上演は、横浜と八戸だけ。横浜ダンスコレクションEXを主催する横浜赤レンガ倉庫1号館から、八戸公演の打診を受け、はっち開館1周年記念 のイベント開催時期に合わせて実施されました。その後、毎年、開催され、昨年、開催した「Seize the day」に続き、4回目の公演となります。

横浜は、「創造都市」を掲げるアートの街。大型の国際的美術展「横浜トリエンナーレ」や、違法飲食店エリアで展開するアートプロジェクト「黄金町バ ザール」、また、かつて郵船倉庫や銀行、結婚式場などだった遊休施設をアトリエや稽古場などのアート活動の場として再活用する事業など、独自の事業を多く 行っています。

2つの港町が手を組んでお贈りする、ダンス公演です。

参加アーティスト

井上 大輔/DaisukeINOUE 横浜ダンスコレクションEX2014受賞振付家

黄土色の服を着正面を向いて上半身が写っている井上 大輔さんの写真

昭和58年日生まれ。桜美林大学卒。大学より木佐貫邦子にコンテンポラリーダンスを師事 し、バレエを三浦太紀に学ぶ。平成19年・平成20年は伊藤 キム主宰のダンスカンパニー「輝く未来」で活動。退団後は、「百年の身体」というソロダンスを3作品発表 し、1作目がSTスポットにてラボアワードを受賞。「Wedance2012yokohama」ではそれまで発表してきたソロダンスをデュオ・トリオに再構築するなど、自己の表現者としての修練に励む。作品制作の他、音楽家との協働ワークショップやLIVEでの共演、桜美林大学や名護市民会館、北九州芸術劇場のプロジェクトに参加するなど他ジャンルの表現者や劇場との協働にも積極的に参加する。平成23年から21世紀ゲバゲバ舞踊団の立ち上げに参加、自主公演の他、「ダンストリエンナーレトーキョー2012」や「吾妻橋ダンスクロッシング」などのフェスティバルに参加。また、パフォーマンスキッズ・トー キョーによる小学生とのダンス工作発表など活動多岐にわたる。横浜ダンスコレクションEX 2014 コンペティション1.・奨励賞受賞。

イ・サンフン/Sang-Hun LEE ソウルダンスコレクション2013 受賞振付家

白いTシャツを着、左手をあごの下に添えて撮られたイ・サンフンさんの写真

昭和57年生まれ。漢陽(ハンヤン)大学で学ぶ。同大学を卒業後、「ダンス・シアター。 チャン」のメンバーとして活動し、キム・ナンジン氏の勧めで、ベルギー人振付家シディ・ラルビ・シェルカウィの作品「バベル」のオーディションを受ける。 その後、平成21年から平成25年まで、シディ・ラルビ・シェルカウィのダンスカンパニー「イーストマン」のメンバーとして、その作品「バベル」、 「Puz/zle」に出演する。カンパニーとは別に個人的な振付活動にも力を入れている。平成25年スペイン・ブルゴス&ニューヨークでは、ソロ作品「ブロークン・サークル」でRCH賞を受賞し、平成25年ソウル・ダンスコレクションでは、ディオ作品「ストーリー・オブ・スタチューズ」で受賞した。

主催

横浜レンガ倉庫1号館(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)、八戸市

共催

Seoul Performing Arts Festival

支援

文化庁

助成

公益財団法人日韓文化交流基金

協力

象の鼻テラス、急な坂スタジオ

この記事に関するお問い合わせ先

まちづくり文化スポーツ部 まちづくり文化推進室 文化推進グループ

〒031-8686 青森県八戸市内丸一丁目1番1号 市庁別館6階
電話:0178-43-9156 ファックス:0178-41-2302

まちづくり文化推進室へのお問い合わせフォーム