第50回はちのへ菊まつり(令和3年度)

更新日:2021年11月02日

八戸市民の花「菊」のまつりです。菊愛好家の皆さんが育てた奥州菊などを展示します。

第50回はちのへ菊まつりパンフレット:表紙
第50回はちのへ菊まつりパンフレット:会場案内図

新型コロナウイルス感染症対策

新型コロナウイルス感染防止のための対応を行いながらの開催となりますので、以下についてご協力をお願いします。

  • 入場の際は、マスクの着用、手指の消毒、来場者の連絡先の記入をお願いいたします。(消毒液は会場内に設置しています。)
  • 体調不良や風邪症状のある方は、来場を御遠慮ください。
  • 会場内でのお客様同士のソーシャルディスタンスの確保にご協力ください。
  • 八戸市が実施している「CODE8」への登録にご協力ください。

なお、菊まつり開催にあたっては、「第50回はちのへ菊まつり新型コロナウイルス感染症の感染防止対策マニュアル」を遵守いたします。

期間・時間

令和3年11月6日(土曜日)から11月8日(月曜日)まで
9時30分~17時
(初日のみ10時から、最終日のみ16時まで)

場所

  • 八戸ポータルミュージアム「はっち」1階 (はっちひろば、ギャラリー1、シアター1)
  • 八戸まちなか広場「マチニワ」

はちのへ菊まつりの特色

概要・PR

八戸市民の花「菊」のまつりです

市内の菊愛好家達が育てた奥州菊や懸崖菊などが両会場を彩り、その美を競います。
また、「緑と花」花壇・作文・図画コンクールの入賞作品を展示します。

展示内容について

  • 奥州菊展(大菊・福助・切花)
  • 菊盆栽展
  • 懸崖展
  • 市民手づくり奥州菊展
  • 菊人形展
  • 「緑と花」花壇・図画・作文コンクール作品展

菊人形展について

今年は「川中島の戦い」をテーマとした菊人形を展示します。

奥州菊について

奥州菊は太管に属すべき一種ですが、花弁の数は少なく、盛り上がりの部分が大きな掌で掴んだような花容をしています。
二段三段と抱え掴みとなり、盛り上がり弁の下部周囲より剣走りが放出しています。

食用菊の紹介について

菊は一般的に鑑賞花として知られていますが、八戸地域では食用菊が生産され、食されています。

そこで、マチニワ内において、八戸伝統野菜『食用菊』の来歴や特徴、魅力を発信するための八戸市の取組み等について展示します。

令和3年度のイベント予定

みんなでつくる菊人形

今年度は、新型コロナウイルス感染予防のため中止といたしましたので、ご了承ください。

ステージイベント

今年度は、新型コロナウイルス感染予防のため中止といたしましたので、ご了承ください。

昨年度の様子

この記事に関するお問い合わせ先

都市整備部 公園緑地課 管理緑化グループ

〒031-8686 青森県八戸市内丸一丁目1番1号 市庁別館7階
電話:0178-43-9141 ファックス:0178-47-0746

公園緑地課へのお問い合わせフォーム

より良いサイトにするため、みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか
分かりにくかった理由はなんですか(複数回答可)
このページは見つけやすかったですか
見つけにくかった理由はなんですか(複数回答可)