八戸市子育て世代包括支援センター

更新日:2020年01月07日

子育て世代包括支援センターを平成30年10月1日に開設しました。

母親と子供が笑顔で一緒にくっついているイラスト画像

八戸市では、妊娠期から子育て期までの切れ目のない支援を目指し、妊娠・出産・子育てに関する相談支援を充実させた「八戸市子育て世代包括支援センター」を八戸市保健所健康づくり推進課内に開設しました。

「妊娠・出産・子育ての窓口相談」として、保健師・助産師等が相談に応じます。

こんな時はありませんか?

妊娠期

  • 初めての妊娠で不安がいっぱい
  • 身近に相談できる人がいなくて
  • 妊娠中に参加できる教室とかあるの?
  • つわりで食べられない

子育て期

  • 赤ちゃんの体重の増えが気になる
  • 赤ちゃんが泣いてばかりで辛い
  • 身近に協力者がいなくて大変
  • イライラして子どもにあたってしまう

はちまむ相談

妊娠や子育て中には、心配なことや不安なことが多くあります。「はちまむ相談」として相談できるように相談室を設けました。気軽にご相談ください。

「はちまむ」とは、はちのへのママたち 妊産婦・乳幼児の保護者たちが気軽に相談できる所、応援するスタッフがいる所という意味です。

赤ちゃん用のベッドが設置され、母親も一緒にリラックス出来るように飾り付けられているはちまむ相談室の様子の画像

対象

妊産婦、乳幼児の保護者等

相談員

助産師・保健師等

場所

健康づくり推進課内 相談室(市庁別館2階)

日時

月曜日~金曜日(祝日、年末年始除く)午前8時15分~午後5時

内容

妊娠・出産・子育ての相談

「はちまむ応援プラン」の作成

妊娠生活を健やかに過ごし、安心して出産や子育てができるように、全ての妊婦さんと面談し、一緒に考えながら「はちまむ応援プラン」を作ります。また、産後の赤ちゃん訪問の際には産婦さんと一緒に「はちまむ応援プラン」を作ります。

方法

妊娠や子育てに悩んでいる保護者や、その子供の名前を書き込める、はちまむサポートブックの表紙の写真

妊娠期

  1. 妊娠届出・母子健康手帳の交付時に保健師等の専門職が全ての妊婦さんと面談し、妊婦さんの体調や妊娠・出産・子育てに関して不安などがないか確認します。
  2. 安心して出産や子育てをするために「はちまむ応援プラン」を妊婦さんと一緒に考えます。
  3. またサービス等の情報誌である「妊娠・出産・子育てガイド」とあわせて「はちまむサポートブック」を冊子にしてお渡しします。
  4. 継続して支援を希望される方は、その後も電話や訪問、来所での相談を受けます。

産後

  1. 出産後は、全ての赤ちゃんのお宅に保健師や看護師が訪問し、赤ちゃんや産婦さんの健康状態の確認や育児のアドバイスなどをさせていただいております。
  2. また、安心して子育てするために「はちまむ応援プラン」を産婦さんと一緒に考え、健やかに産後や子育て期を過ごせるようにします。
  3. 継続して支援を希望される方は、その後も電話や訪問、来所での相談を受けます。

子育て世代包括支援センター案内チラシ

この記事に関するお問い合わせ先

健康部 健康づくり推進課 子育て世代包括支援グループ

〒031-8686 青森県八戸市内丸一丁目1番1号 市庁別館2階
電話:0178-43-2234 ファックス:0178-47-0745

健康づくり推進課へのお問い合わせフォーム