新型コロナウイルスに感染した妊産婦の方への相談支援について

更新日:2020年10月08日

ご希望に応じて、保健師・助産師等が相談支援を行います

新型コロナウイルスに感染し、退院等した妊産婦の皆さまは、ご自身の健康管理や赤ちゃんへの影響など、強い不安を感じていると思います。保健師・助産師等による定期的な訪問や電話で、様々な不安や悩みを伺います。健康管理や育児に関するご相談にも対応します。

対象者

・八戸市に住民票を有する、新型コロナウイルスの感染が認められた妊産婦の方

・健康面や出産後の育児などに不安を感じ、相談支援を希望する方

支援内容

健康相談支援

新型コロナウイルス感染症に関する情報を提供し、妊産婦さんや赤ちゃんにおける健康面のご相談に対応します。

育児相談支援

なかなか外出ができない方にも、育児技術のサポート支援や育児に関するご相談に対応します。

 

保健師・助産師等の専門職が、家庭訪問や電話相談など、ご希望に応じて支援します。

申込み先

産科医療機関にご相談いただくか、下記のお問い合わせ先までご連絡ください。

この記事に関するお問い合わせ先

健康部 健康づくり推進課 子育て世代包括支援グループ

〒031-0011 青森県八戸市田向三丁目6番1号 3階
電話:0178-38-0711 ファックス:0178-38-0735

健康づくり推進課へのお問い合わせフォーム

より良いサイトにするため、みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか
分かりにくかった理由はなんですか(複数回答可)
このページは見つけやすかったですか
見つけにくかった理由はなんですか(複数回答可)