県外災害廃棄物の八戸セメントでの処理

更新日:2020年01月07日

東日本大震災により県外で発生した災害廃棄物に関する八戸セメント株式会社での処理(平成24年3月~平成26年3月)の状況と、処理に先立ち締結した基本協定の内容や試験処理の結果などについてお知らせします。

グレーのダンプトラックと奥に大きな鉄パイプの塔が立っており、少し離れたところにヘルメットを被った人が立っている写真

平成24年03月09日最初の搬入車両(試験処理)

ご支援ありがとうございました。八戸セメント行最終搬出便と書かれた布を前方に付けた緑色のダンプトラックの写真

平成26年03月28日最後の搬入車両

処理状況及びモニタリング結果

  • 処理における放射線量率・放射性物質濃度のモニタリング結果

基本協定締結と試験処理

八戸市では、災害廃棄物を処理しようとする地方公共団体、処理を受託する八戸セメント株式会社との三者間で「災害廃棄物処理に関する基本協定」を締結し、本格的な処理を行う前に試験処理を実施するなど、処理の安全性を確認した上で処理を行いました。

排出元地方公共団体-八戸セメント-八戸市の三者間の基本協定

(注意)上記のうち、岩手県、宮城県との協定は地方自治法第252条の14第1項の規定に基づき市町村から受託し行う災害廃棄物処理に関するもので、市町村との協定は当該市町村が県に委託せず自ら行う災害廃棄物処理に関するものです。

試験処理結果

県外災害廃棄物の試験処理の結果は次のとおりです。

【参考】八戸市における広域処理に関する情報(市ホームページ内)

この記事に関するお問い合わせ先

環境部 環境政策課 資源リサイクルグループ

〒031-0801 青森県八戸市江陽三丁目1-111 東部終末処理場3階
電話:0178-43-9362 ファックス:0178-47-0722

環境政策課へのお問い合わせフォーム