小児(5~11歳)のワクチン接種について

更新日:2022年11月30日

10月初旬発送の追加接種用接種券に同封の「接種会場および予約方法について」について、一部内容に誤りがありました。
正しくは下記のとおりです。

修正内容
No 医療機関名 小児(5~11歳)追加接種の受入れ
51 巴小児クリニック

日本小児科学会もワクチン接種を推奨しています

小児患者数の急増に伴い重症例等が増加する中、日本小児科学会では、ワクチン接種のメリット(発症予防や重症化予防等)がデメリット(副反応等)を上回ると判断し、お子様へのワクチン接種を推奨しています。詳しくは、日本小児科学会ホームページでご確認ください。

概要

令和4年9月6日より新型コロナワクチンの追加(3回目)接種を受けられるようになりました。接種による発症予防効果と副反応のリスクを保護者の皆様にご理解をいただき、その上でお子様と一緒にご検討くださるようお願いします。

【小児用リーフレット~お子様と保護者の方向け~】(PDFファイル:3.8MB)
新型コロナワクチン接種(3回目)のお知らせ(5~11歳のお子様の保護者の方へ)(PDFファイル:3MB)

接種対象者

5歳以上11歳以下の方

(注意1)接種可能時期について
予防接種上の年齢の考え方として、誕生日の前日に1歳年を取ると考えることから、小児用ワクチンの接種は、5歳の誕生日の前日から接種が可能となります。

例:5月1日に5歳の誕生日→4月30日から小児用ワクチン接種可能

(注意2)接種するワクチンについて
12歳の誕生日の前日から、12歳以上用ワクチンの接種を行うことができます。なお、誕生日の前日に小児用のワクチンを接種しても問題ありません。
12歳以上用のワクチンを接種する場合も、接種券はそのまま使用できます。

例:7月1日に12歳の誕生日→6月30日は小児用ワクチン及び12歳以上用のワクチンのどちらの接種も可能。7月1日以降は12歳以上用ワクチンのみ接種可。

接種回数

初回接種(1,2回目):1回目接種から3週間の間隔を置いて合計2回接種

追加接種(3回目):2回目接種から5か月経過以降に1回接種

接種を受ける方法について

接種券に同封する「接種会場および予約方法について」をご覧いただき、ご予約の上、接種をしてください。
(注意)通常の電話番号と予約専用番号が違う医療機関があります。必ずご確認の上、お電話ください。医療機関の負担軽減のため、ご協力をお願いします。
 

接種を受けられる医療機関と接種日について

10月初旬発送の追加接種用接種券に同封の「接種会場および予約方法について」について、一部内容に誤りがありました。
正しくは下記のとおりです。

修正内容
No 医療機関名 小児(5~11歳)追加接種の受入れ
51 巴小児クリニック

 

小児科を中心とする市内の医療機関で接種を受けられます。

(注意)実施日カレンダーの掲載は9月分をもってを終了いたしました。10月以降は、接種券に同封している「接種会場および予約方法について」をご確認の上、接種を希望する医療機関へ直接ご予約ください。

予約方法については、下記お知らせをご確認いただき、接種の予約をして下さい。
新型コロナワクチン接種のお知らせ及び受託医療機関一覧(PDFファイル:1.1MB)
(注意)ワクチンを受けられる日は、医療機関ごとに異なります。

使用するワクチン

初回接種(1,2回目)、追加接種(3回目)ともにファイザー社の5歳~11歳用のワクチンを使用します。

初回接種(1,2回目):説明書(PDFファイル:1.1MB)
追加接種(3回目):説明書(PDFファイル:1.1MB)

(注意)ファイザー社の12歳以上用のワクチンとは、別製剤であり、用法・用量等が異なります。
(注意)ファイザー社の12歳以上のものに比べ、有効成分が3分の1になっています。

努力義務の適用について

  • 国では、5歳から11歳のお子様にワクチンを受けていただけるよう、ご本人と保護者の方に努めていただくこととしています。これは、国民の皆様にご協力いただきたいという趣旨によるものであり、接種を強制するものではありません。
  • 四種混合や麻しん・風しんなど、乳幼児等が対象の定期接種にも同じ規定が適用されています。

その他の注意事項

  • お子様のワクチン接種には、保護者の方の同意と立ち合いが必要です。
  • ワクチン接種当日は、可能な限り母子健康手帳をご持参ください。

ワクチン接種時の注意点

接種当日について

  1. 準備
    • 予診票に必要事項をご記入ください。
    • 当日の体温を測定し、予診票にご記入ください。
      (注意)接種当日、明らかな発熱がある場合や体調が悪い場合は接種を控えましょう。
  2. 持ち物
    • 接種券(切り離さずそのままお持ちください)
    • 予診票(記入済のもの)
    • 母子健康手帳
    • 本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード、健康保険証など)
    • お薬手帳(お持ちの方のみ)
  3. 服装
    • 肩を出しやすい服装でお越しください。

新型コロナワクチンとそれ以外のワクチン接種について

  • インフルエンザワクチンは、新型コロナワクチンと同時に接種することができます。それ以外のワクチンは、新型コロナワクチンと同時に接種できません。互いに、片方のワクチンを受けてから2週間後に接種できます。

その他

  • お子様のワクチン接種には、保護者の方の同意と立ち会いが必要です。
  • 12歳になってからワクチンを受ける方へは、12歳以上用の予診票とワクチン説明書を送付しますので、コールセンターまでご連絡ください。
    050-5213-9423(平日9~18時、土日・祝日10~16時)

この記事に関するお問い合わせ先

健康部 保健予防課

〒031-0011 青森県八戸市田向三丁目6番1号 3階
感染症対策グループ 電話:0178-38-0715(予防接種)/ 0178-38-0716(感染症) ファックス:0178-38-0736
保健福祉グループ 電話:0178-38-0717 ファックス:0178-38-0736


〒031-0011 青森県八戸市田向三丁目6番1号 4階
新型コロナワクチン対策室 電話:0178-38-0730 ファックス:0178-38-0736


保健予防課へのお問い合わせフォーム


より良いサイトにするため、みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか
分かりにくかった理由はなんですか(複数回答可)
このページは見つけやすかったですか
見つけにくかった理由はなんですか(複数回答可)