モバイルはちのへ
>トップ >広報はちのへ >2017年8月号 >年金の受給資格期間が25年から10年に短縮されます
年金の受給資格期間が25年から10年に短縮されます

これまで、老齢年金を受け取るためには、原則25年以上必要でした。8月からは、資格期間が10年以上あれば老齢年金を受け取ることができるようになります。

日本年金機構では、対象者に黄色の封筒(A4サイズ)で「年金請求書(短縮用)」をお届けしています。

まだ請求手続をされていない人は今すぐお手続きをお願いします。

対象・書類の提出先:
(1)…全ての加入期間が国民年金第1号被保険者(自営業者など)期間の人は「国保年金課(1)番窓口」へ
(2)…(1)以外の人(国民年金第3号被保険者・厚生年金保険や共済組合の加入期間がある人などは「八戸年金事務所」へ
※八戸年金事務所で手続きの際は、事前にダイヤル0570―05―1165で予約してお越しください。

問い合わせ:
国保年金課
TEL:43―9079
FAX:44―9106
八戸年金事務所
TEL:44―1742(自動音声案内5)
FAX:45―9329


[0]ホーム|[*]上へ|[#]下へ
[0]モバイルはちのへ
┗[2]広報はちのへ
 ┗[5]2017年8月号
hachinohe city