モバイルはちのへ
>トップ >広報はちのへ >2017年8月号 >犬が歩行者や散歩中の犬をかむ事故が発生しています
犬が歩行者や散歩中の犬をかむ事故が発生しています

最近、飼い犬が歩行者や散歩中の犬をかむ事故が複数件発生しています。

その事故の多くが、自宅室内で係留せずに飼っている犬が外に逃げ出した時や、散歩中の犬がほかの歩行者と接近・接触した時に発生しています。

管理上のちょっとした不注意が重大な事故につながるおそれがありますので次のことに十分注意して犬を飼養・散歩するようにしてください。

・屋内で犬を飼う場合は玄関に逸走防止柵を設置する
・首輪や鎖を定期的に交換する
・散歩させる際は通行人やほかに散歩している犬などに近づかないよう、リードを短く持って常に犬をコントロールできるようにする。特に背後からの通行人に注意を払うようにする。(ジョギング、自転車など)
※飼い犬が人をかんだ時は、速やかに市保健所に届け出てください。また犬にかまれた人も同様に届出が必要です。

問い合わせ:市保健所衛生課
TEL:43―2313
FAX:43―2231


[0]ホーム|[*]上へ|[#]下へ
[0]モバイルはちのへ
┗[2]広報はちのへ
 ┗[5]2017年8月号
hachinohe city