モバイルはちのへ

 

トップ八戸市について>シンボル

市章(市のマーク)

 

 八戸市の市章は、昭和6年に一般から募って制定されたものです。(市章制定:昭和6年8月27日)

 「八戸」の2文字と旧南部藩の「向鶴の紋」が図案化されています。

シンボル(花・鳥・木)

 八戸市では、市民の花「菊」、市民の木「イチイ」、市民の鳥「ウミネコ」の3つをシンボルとして定めています。平成17年3月31日の旧南郷村との合併により、改めて検討した結果、平成18年10月、これらのシンボルを引き続き使うことに決定しました。

市民の花「菊」(昭和47年10月1日制定)

 

 菊は、高貴な花として、日本では古くから愛好され、芸術作品をはじめ、生活、風俗と深く結びついています。とりわけ、八戸地方は奥州菊の前身である八戸菊の栽培地として知られ、広く一般市民の観賞に供されています。

市民の鳥「ウミネコ」(昭和54年5月1日制定)

 

 ウミネコは非常に古い時代から蕪島を繁殖地としており、その蕪島が世界でもまれな市街地にあることで特に有名でもあり、天然記念物に指定されています。

市民の木「イチイ」(昭和54年5月1日制定)

 

 イチイは北海道・東北地方に自生しており、八戸地方では庭木や生垣として普及しています。市民にはオンコという呼び方で良く知られており、常緑樹であるため、緑化推進にも利用しやすいのが特徴です。


[0]ホーム|[*]上へ|[#]下へ


[0]モバイルはちのへ

hachinohe city