八戸環境クリーンセンター
 


組合トップページへもどる     環境衛生のページへもどる



 八戸環境クリーンセンターは、平成元年に完成した第1処理場と平成5年に完成した第2処理場の二つの処理施設により、管内のし尿及び浄化槽汚泥を処理してきました。
 しかし、平成23年3月の東日本大震災の大津波により、大きな被害を受けたため、平成24年2月から災害復旧工事を行ってきましたが、年々減少してきている、し尿・浄化槽汚泥量の実態に合わせ、それぞれの処理方式を見直し、第1処理場は浄化槽汚泥専用施設として、第2処理場はし尿専用施設として改造し、平成24年9月より、処理を再開しました。
 現在は、この二つの処理場で、し尿・浄化槽汚泥の効率的、安定的な処理を行ない、公共用水域の水質保全と快適な生活環境の保全に努めています。
   施 設 の 概 要   
 ■第1処理場
処理能力 180kl/日 (浄化槽汚泥) 
処理方式 直接脱水 
脱水方式 ベルトプレス脱水機 
脱臭方式 酸アルカリ次亜吸収法+ 活性炭吸着
着工 昭和62年7月 
竣工 平成元年9月 
設計・施工 栗田工業・田名部組建設工事共同企業体 
  災害復旧事業 
工事期間  平成24年2月〜平成24年9月 
設計・施工  (株)クリタス

 ■第2処理場
処理能力 130kl/日 (し尿)
処理方式 標準脱窒素処理方式、高度処理(凝集沈殿+オゾン酸化+砂ろ過+活性炭吸着)
脱水方式 ベルトプレス脱水機
脱臭方式 中低濃度:酸アルカリ次亜吸収法+ 活性炭吸着
高濃度:曝気槽へ吹込み生物処理
着工 平成2年9月
竣工 平成5年3月
設計・施工 栗田工業・田名部組特定建設工事共同企業体
  災害復旧事業 
工事期間   平成24年2月〜平成24年9月  
設計・施工  (株)クリタス 
 

 ■し尿・浄化槽汚泥の年間処理実績(単位:kl)
処理年度 し尿処理量 浄化槽汚泥処理量 合  計
平成25年度 40,006  62,176  102,182 
平成26年度 38,303  62,973  101,276 
 平成27年度 37,008  61,559  98,567 
 平成28年度 36,125  1,953 98,078 
平成29年度  34,607   60,417   95,024 

 このページのトップへもどる