制度の目的

この制度は、市民活動や地域コミュニティ活動など市民による自主的な公益性のあるまちづくり活動を促進し、市民と行政の協働による市民主体のまちづくりを推進することを目的に実施するものです。

対象団体

広くまちづくり活動を行っている市民活動団体(ボランティア団体、特定非営利活動法人等)
や地域コミュニティ活動団体(町内会、子ども会、PTA等)で、次の条件を満たす団体。

  1. 団体の構成員が5人以上であること
  2. 団体の意思を決定し、執行する組織が確立されていること
  3. 主たる活動地域が八戸市内であること
  4. 法人の場合、法人市民税・固定資産税を滞納していないこと
  5. 公共の利益に反する行為を行わない団体であること

対象事業・奨励金の額

不特定多数のものの利益の増進を目的として、対象年度中に自主的に行われる広く八戸市のまちづくり活動に関する事業で、次の各コースに掲げるもの。
※営利のみを目的とする事業や政治色または宗教色がある事業は対象外です。

 初動期支援コース
  • 対象事業 団体を設立してから5年以内の団体が行う継続的な事業
  • 交付条件 1団体につき2回まで助成可能
  • 奨励金額 1団体 10万円以内
 まちづくり支援コース
  • 対象事業 
    市民活動や地域活動の活性化に資する事業で、新たに取り組むもの又は従来取り組んでいた活動を拡充して実施するもの
  • 交付条件 
    (1)1事業につき1回限り助成可能
    (2)ただし、複数年計画事業の場合は、3年間継続して提案可能
  • 奨励金額
    (1)1団体50万円以内(ただし、奨励金対象経費の80%以内)
    (2)複数年計画事業の場合も、その総額で奨励金額 50 万円を限度とします。
 留意事項
  • 両コースを通じて複数の企画提案はできません。
  • 各コースの奨励金は、全体予算の範囲内で、提案状況や審査状況に基づき決定されます。

対象経費

奨励金の対象となる経費は、対象事業を実施するために直接必要と認められる経費を対象とします。ただし、次に掲げる経費は対象としません。

  1. 人件費(アルバイト賃金を除く)
  2. 飲食費
  3. 視察旅費
  4. 対象経費の25%を超える備品購入費 (まちづくり支援コースに限る)
  5. 対象経費の25%を超えるアルバイト賃金
    ※領収書がない等使途が不明なもの、団体の経常的な運営費など、その他交付の対象としてふさわしくないと認められる経費は、奨励金の対象となりません。
     

審査・選考方法

奨励金の交付事業候補については、下記の審査基準を踏まえ、総合的に審査して選考します。なお、選考は、有識者等の市民で構成する「協働のまちづくり推進委員会」が行います。

公開ヒアリング審査会
  • 応募書類に基づき、応募団体へ応募要件や内容について、公開でヒアリング(質疑応答等)します。
  • 応募団体は、必ず出席してください。
    ※審査は公開ですが、審査前の応募団体は他団体の審査中に会場に入ることはできません。
  • 審査結果は、ヒアリング審査終了後に会場でお知らせするとともに、後日文書により通知します。
審査基準

以下の観点をもとに、協働のまちづくり推進委員会で決定する予定です。

  • 公益性、有効性、独創性、実現性、将来性

実績報告

  1. 事業報告書の提出
  2. 公開事業報告会への出席
    事業終了後、協働のまちづくり推進委員会の委員や市民の皆さんを交え、事業の成果や反省点等を紹介していただく、公開事業報告会の開催を予定しています。