ブロック塀等の危険性と安全管理

 
過去の地震において、ブロック塀や石塀などの倒壊により多くの方が亡くなりました。また、倒れた塀が道路をふさぎ、避難や救助・消火活動を妨げる結果ともなりました。
一見安全そうに見えても基準に満たない危険なブロック塀等である場合がありますので、安易に考えずに、それらの点検を行い安心して暮らせるまちづくりを目指しましょう。
 

特に、通学路に接してブロック塀等を築造している場合は、下記に従って保守・点検をして頂き、責任を持った管理をお願いします!

 
◆ 建築基準法で定められたブロック塀の基準
  • 高さ→2.2m以下
  • 壁の厚さ→15cm(高さ2m以下の塀にあっては、10cm)以上
  • 鉄筋→径9mm以上
  • 鉄筋の配筋→
    • 横筋は壁頂、基礎 縦筋は壁の端部、隅角部にそれぞれ設置する。
    • 壁内には縦横80cm以下の間隔で配置する。控壁も同様である。
    • 端部は、かぎ状に折り曲げ、縦筋は壁頂・基礎の横筋に、横筋は縦筋にそれぞれかぎ掛けとする。
  • 控壁→長さ3.4m以下ごとに、壁面高さの1/5以上突出したものを設ける。
  • 基礎→高さ35cm以上、根入れ30cm以上。
    (*建築基準法では、高さ1.2m以下の塀については、控壁・基礎の基準は除外されている。)
 
 
 
 ◆ 既存ブロック塀の安全確認 (下記項目をチェックしてみましょう。)
  • 壁の厚さに合った高さを守っているか。
  • 高さが1.2mを超える場合、ブロック8個(3.2m)ごとに控壁があるか。
  • 塀のひび割れ、傾きはないか。
  • 塀には鉄筋が入っているか(鉄筋は錆びていないか)。
  • 高さが1.2mを超える場合、基礎の根入れ(地面より下の部分)は30cm以上あるか。
 
◎上記既存ブロック塀のチェック項目に適合していない場合は、既存ブロック塀を改善する必要がありますので、建築士など専門家に相談するようお願いいたします。

  
この他、既存ブロック塀の安全確認についての詳細な内容は、下記リンク先でもご覧頂けます。
 
 
 
なお、平成30年6月18日未明に発生した大阪市北部を震源とする地震の被害を受け、平成30年6月21日付けで国土交通省より、既存の塀の安全点検のチェックポイントが示されました。
このことから、塀の所有者等におかれましては、このチェックポイントを活用し、既存の塀の安全点検を実施するようお願いいたします。
安全点検の結果、危険性が確認された場合には、補修又は撤去等の安全対策を講じるようお願いいたします。
(※速やかに安全対策を講じられない場合は、人が塀に近づかないような措置等の対策を講じるようお願いします。)
 
 ◎国土交通省のチェックポイントはこちら → www.mlit.go.jp/jutakukentiku/blockshei
 
    

 

お問い合わせ先

都市整備部 建築指導課 建築指導グループ(市庁別館6階)
電話   0178-43-9137
FAX   0178-41-2302(都市政策課内)