あいさつ

 時下、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。また平素より八戸駅西土地区画整理事業の推進にあたりましては、格段のご協力をいただき御礼申し上げます。
 さて、八戸市では、八戸駅西地区の約97haの区域において平成9年12月に土地区画整理の事業決定をし、広域交通結節点という恵まれた立地条件を活かした本市の顔となるまちづくりを行うことを目的に都市基盤施設の整備と宅地の利用増進を図って参りました。
 事業着手後、約20年の歳月を経て、平成29年度末には事業費ベースでの土地区画整理事業の進捗率が約74%に達し、平成30年度中には駅前広場やシンボルロード(一部を除く)、都市計画道路3・4・28の橋梁(浅水川をわたる根市内矢沢とメドツ河原をつなぐ橋)の竣工が予定され、シンボルロード沿線の土地利用(使用収益開始)が見込まれる状況となりました。

JR八戸駅からみたシンボルロード(平成30年4月撮影)
JR八戸駅からみたシンボルロード(平成30年4月撮影)

 エリアマネジメント調査を実施します

 平成29年12月に報道発表がありましたとおり、集ゾーンではクロススポーツマーケティング株式会社による、通年型アイスリンクをベースとした多目的アリーナの整備について平成32年春頃の開業予定とした計画が立案されています。そこで、八戸市は多目的アリーナ整備を好機ととらえ、地権者・事業者・住民の皆様と一緒に賑わいのある交流拠点形成に向け、どのようなまちづくりができるか検討するエリアマネジメント調査を実施し、まちづくり計画を策定することとしました。
 平成30年度、順次計画を具体化しながら皆様に内容をご案内させていただく予定としております。八戸駅西地区のまちづくりの推進に向けて、ご理解とご協力をいただきたくよろしくお願い申し上げます。

シンボルロードイメージパース(集ゾーンから八戸駅方向)
シンボルロードイメージパース(集ゾーンから八戸駅方向) 

調査業務のプロポーザル実施について

 八戸市が実施する「八戸駅西地区賑わい交流拠点形成エリアマネジメント導入検討調査業務」の委託に当り、受託業者の選定を行うために以下のとおり実施します。 
※参加表明書の受付は終了しました。

1.業務内容 

 八戸駅西地区でエリアマネジメントの検討を行いまちづくり計画を策定する
 詳細は「特記仕様書」のとおり

2.業務期間 

 契約締結の翌日から平成31年3月20日(水)まで

3.上限金額

 金33,000,000円(消費税及び地方消費税込み)

4.プロポーザル応募資格要件(次の条件を満たした法人の中から公募による)

 「プロポーザル実施要項」のとおり

5.プロポーザル実施日程

(1)プロポーザル公告:       平成30年5月18日(金)
(2)参加表明書及び質問書提出期限: 平成30年5月28日(月)17時必着
(3)質問回答期限:         平成30年6月  1日(金)
(4)参加資格審査申請書提出期限:  平成30年6月  6日(水)17時必着
(5)技術提案書提出期限:      平成30年6月  8日(金)17時必着
(6)プロポーザル審査委員会(書類):平成30年6月13日(水)
(7)書類審査結果発表通知:     平成30年6月14日(木)
(8)プロポーザル審査委員会(面接):平成30年6月22日(金)
(9)選考結果公表通知:       平成30年6月25日(月)

6.選考方法 

(1)選考の実施:プロポーザル審査委員会は条例に基づく付属機関とする。
     応募者が1者のみでも成立する
(2)技術提案の課題(次の3つとする)
     課題1 まちづくり計画を有効かつ確実に策定するための方策 
     課題2 八戸駅西地区に期待されるエリアビジョンについて
     課題3 まちづくり協議会設置について

7.関係書類

(1)公告文
(2)プロポーザル実施要項
(3)特記仕様書
(4)技術提案書等作成要領
(5)プロポーザル参加資格審査申請説明書
(6)技術提案の課題
(7)選考項目及び評価基準
(8)様式集(技術提案書関係)
(9)別様式集(プロポーザル参加資格審査申請書関係)

  ※関係書類については、こちら