令和元年10月分から「1.利用施設・サービス一覧」のとおり保育料・利用料が無償化されます。

(保育料以外に実費徴収される通園送迎費、食材料費、行事費等については無償化の対象外)

  施設・サービスの種類により、保育の必要性や対象年齢、無償化上限額、必要となる手続きが異なりますので、詳しくは「2.施設・サービス別 無償化確認チャート」「3.利用施設別案内」をご確認ください。 

1.利用施設・サービス一覧                                     

黄色の網掛けは事前の認定手続きが必要です。(教育以外は子どもの「保育の必要性」を確認します。)

(○は無償化対象、×は無償化対象外、カッコ内の金額は月の無償化上限額)

対象者

(クラス年齢 ※1

保育所・

認定こども園

幼稚園・認定こども園

幼稚園

(私学助成園※2

認可外保育

施設等(※3)

保育 教育 預かり保育 教育 預かり保育  

3~5歳児

クラス

(1日あたり450円

×利用日数、

11,300円まで)

(25,700円)

(1日あたり450円

×利用日数、

11,300円まで)

(37,000円)

満3歳児   ×

(25,700円)

×  

市民税非課税世帯の

満3歳児

 

(1日あたり450円

×利用日数)

(25,700円)

(1日あたり450円

×利用日数、

16,300円まで)

 

市民税非課税世帯の

0~2歳児

クラス

       

(42,000円)

※1 クラス年齢は年度の初日(令和元年度は平成31年4月1日時点)における年齢です。

   3歳~5歳児は平成25年4月2日から平成28年4月1日の間に生まれた子どものことです。

   満3歳児は、3歳になった日から最初の3月31日までにある子どものことです。

※2 令和元年9月まで「就園奨励費」による措置対象だった幼稚園。

※3 八戸市から確認を受けた、認可外保育施設、一時預かり、病児・病後児保育、

        ファミリーサポートセンター ⇒ 対象施設はこちら

2.施設・サービス別 無償化確認チャート(令和元年度版)

網掛けは事前の認定手続きが必要です。

幼稚園・認定こども園(教育1号認定) 又は 幼稚園(私学助成園) 

保育園・認定こども園(保育2・3号認定)

 認可外保育施設、一時預かり、病児・病後児保育、ファミリーサポートセンター

3.利用施設別案内

 

市内で無償化の対象となる幼稚園(私学助成園)、預かり保育、一時預かり、認可外保育施設、病児・病後児保育、 ファミリーサポートセンターについてはこちら ⇒ 対象施設のページ

 

無償化を受けるための【認定手続き】についてはこちら ⇒ 認定申請のページ

 

無償化のための【請求手続き】についてはこちら ⇒ 請求書類のページ

 

お問い合わせ先

福祉部 こども未来課 企画育成グループ
電話 0178-43-9094
FAX 0178-43-2144