長七谷地貝塚遠景
貝塚の状況
 長七谷地(ちょうしちやち)貝塚は、五戸(ごのへ)川下流域の右岸、桔梗野(ききょうの)工業団地内に位置します。
   主に海水産のハマグリや汽水産のヤマトシジミなど砂泥に棲(す)む貝類の堆積がみられる貝塚で、縄文時代早期後半のものです。
   魚骨や鳥獣骨のほかに、軸と針を組み合わせた釣り針、銛、縫い針、ヘアピンなどに加工した骨角製品も出土しています。
   縄文時代の自然環境や生業の様子を知るうえで貴重な貝塚で、昭和56年に国史跡に指定されました。 出土品は八戸市博物館に展示されています。
貝層断面
貝層の断面
長七谷地貝塚出土土器
土 器
長七谷地貝塚出土貝類
貝 類

長七谷地貝塚出土骨格器
骨格器(銛・組合せ式釣り針)

案内図

                  ←目次に戻る 次へ進む→

お問い合わせ先

教育委員会 社会教育課 文化財グループ
電話 0178-43-9465
FAX 0178-47-4997