<終了しました>

八戸市では、2021年度の開館に向け、新しい美術館の建設を進めています。新美術館は「種を蒔き、人を育み、100年後の八戸を創造する美術館」をビジョンに掲げ、アートを通じて多様な人々が対等に学びあえる場を目指しています。この「アートの学び」を推進するため、市民やアーティスト、学校をはじめとした教育機関などと、共創(きょうそう)するパートナー関係を築いていきます。

本シンポジウムでは、「アートの学び」が子どもたちや学校、地域にどのような影響を与えるのかについて、市内小中学校の先生方をお招きし、市民のみなさまと共に考えます。

入場無料です。

日時:平成31年3月17日(日)13時~15時(開場 12時30分)

場所:八戸市庁 別館2階 会議室BC(八戸市内丸1丁目1-1)

定員:80名(要事前申込・先着順)

申込締切:3月14日(木)まで

チラシ表 [1412KB jpg]

チラシ裏(FAX送信用紙)[1055KB jpg]

内容

  1. 新美術館整備事業についての説明
    「新美術館整備状況と『アートの学び』を掲げる新美術館構想」
    山田泰子(新美術館建設推進室長)
  2. 八戸市の「アートの学び」事例紹介
    篠原英里(新美術館建設推進室 主事兼学芸員)
    吉川由美氏(「DASHIJIN」ディレクター、(有)ダ・ハ プランニング・ワーク代表取締役)
  3. クロストーク
    テーマ(1)「アートは教育現場にどのような変化をもたらすか」
    テーマ(2)「『アートの学び』で人や地域がどのように変わるか」
    パネリスト
    三澤一実氏(武蔵野美術大学教授)
    吉川由美氏(「DASHIJIN」ディレクター、(有)ダ・ハ プランニング・ワーク代表取締役)
    ゲスト
    出貝幸浩氏(八戸市小学校生活科研究会副会長/八戸市立白山台小学校教頭)
    戸来忠雄氏(青森県造形教育連盟中学校八戸支部長/八戸市立白山台中学校校長)
    安田眞理子氏(八戸市中学校教育研究会美術部会副会長/八戸市立長者中学校教頭)
    モデレーター 篠原英里(八戸市新美術館建設推進室 主事兼学芸員)

 

お申し込み方法

  • 申込受付期間は3月14日(木)17時までです。
  • 電話(平日10時~17時)もしくはチラシ裏面の参加申込書に必要事項をご記入いただき、FAXまたは直接お申し込みください。

  • 定員に達した場合は申し込みを締め切らせていただきますので、ご了承ください。

  • 当日会場のお席に空きがある場合に限り、事前お申し込みのない方もご参加いただけます。

  • 会場へお越しの際のお願い
    できるだけ公共交通機関をご利用ください。
    八戸市中央駐車場の駐車料金割引サービスはございません。

 

お問い合わせ・お申し込み先

まちづくり文化スポーツ部 新美術館建設推進室

〒031-0086 八戸市八日町9 ダイヤビル1階
電話 0178-45-8338
FAX 0178-24-4531