新型コロナワクチンの接種について

更新日:2021年10月15日

市内医療機関における個別接種は11月までに順次終了いたしますが、希望する方が引き続き接種できるよう、11月以降も日時を限定して集団接種を実施いたします。

1.実施日時:令和3年11月以降の毎週土曜日午後
(注意)11月6日を初回とし当面の間実施(ただし1月1日は除く)
(注意)各回14時から1~2時間実施(接種希望者に応じ調整)

2.実施場所:八戸市総合保健センター1階大ホール

3.受付方法:下記「接種を希望する方へ(接種希望者登録)」を御確認ください。

今後、1、2回目の接種を希望する方は、「接種希望者登録」が必要となります。登録をしていただいた方へは、接種日程等の調整のため、後日御連絡いたします。
接種を希望する方は、コールセンターに御相談いただくか、下記フォームから登録をお願いいたします。なお、使用するワクチンはファイザー社製になります。
(注意)接種対象は、八戸市民もしくはやむを得ない理由で八戸市に在住している方のみ
(注意)10代及び20代の男性は、1回目に武田/モデルナ社のワクチンを接種した場合でも、希望すれば、2回目にファイザー社ワクチンを接種することが可能です。この場合の接種間隔は27日以上必要となりますので、コールセンターのオペレーターにお伝えください。また、登録フォームで申請いただいた場合には、接種日程の調整のためこちらから連絡いたしますので、その際にお申し出ください。
(参考)厚生労働省「10代・20代の男性と保護者の方へのお知らせ」(PDFファイル:560.9KB)

1.コールセンター:050-5213-3104(平日)9時~18時、(土日祝)10時~16時
2.新型コロナワクチン接種希望者登録フォーム

今後の接種については、下記の方の接種を優先的に実施する予定です。

  1. 12歳の誕生日を迎え、新たに接種対象になる方
  2. 1回目接種済であるが、2回目の予約が取れていない方
  3. 療養等のために今まで接種ができなかった方
  4. 寄港滞在中に接種を希望する船員の方

青森県では、40歳以上でアストラゼネカ社ワクチンの接種を希望する方、ポリエチレングリコール(PEG)に対するアレルギー等でmRNAワクチン(ファイザー社ワクチン、モデルナ社ワクチン)を接種できない方や海外等でアストラゼネカ社ワクチンを1回接種済みで日本在住の方を対象とし、アストラゼネカ社ワクチンの接種を実施します。

予約方法や接種日程などの詳細については、「青森県ホームページ:アストラゼネカ社ワクチン接種のお知らせ」をご覧ください。

在宅療養中ながら、主治医、かかりつけ医がいない方で、医療機関あるいは集団接種会場での接種が難しい方や外出が困難な方(又は、接種が難しい方を看護している方)はコールセンターまでお問い合わせください。ワクチン接種に対応できる医療機関を調整いたします。

電話番号:050-5213-9423
日時:月曜日~金曜日9時~18時、土曜日、日曜日、祝日10時~16時

10月20日からインフルエンザの予防接種が実施されますが、インフルエンザの予防接種に限らず、新型コロナワクチンとそれ以外のワクチンは同時に接種できません。新型コロナワクチンとその他のワクチンは、互いに、片方のワクチンを受けてから2週間後に接種できます。

12歳から15歳の接種においては、原則、保護者の同伴が必要となります。予診票に保護者の署名が必要となり、署名がなければワクチン接種は受けられません。
なお、中学生以上の場合、接種医療機関(接種会場)が認める場合には、保護者が説明書を読み、予診票に保護者が自ら署名することによって、保護者の同伴がなくてもワクチンを接種することができます。その場合、予診票の「電話番号」記載欄に、緊急連絡先(予診や接種の際に、必ず保護者と連絡のつく電話番号)の記載も必要となります。接種当日は、これらの内容を確実に記入済みの予診票を忘れずにお持ちください。
小学6年生の場合、接種日時点で満12歳であること、かつ、必ず保護者の同伴が必要です。

個別接種について

医療機関で個別接種を希望する方へ

受託医療機関はこちら→【受託医療機関】(PDFファイル:471.6KB)

医療機関によって、予約開始日及び予約方法が異なりますので、確認して予約をしてください。

集団接種について

〇八戸市総合保健センター 1階大ホール(八戸市田向三丁目6-1:無料駐車場有)

〇八戸プラザホテル プラザアーバンホール(八戸市柏崎一丁目6-6)
(注意)アーバンホール前の駐車場には駐車しないでください。(障害者用のスペースの確保のため)。駐車場はこちら→駐車場】(PDFファイル:121.9KB)

予約のキャンセルはコールセンター又はスマートフォンでキャンセルをしてください。

コールセンター:050-5213-3104まで連絡ください。
スマートフォン:スマートフォンの予約キャンセル手順(PDFファイル:194.3KB)

(注意)予約日時から30分経過しても接種会場で受付がない場合は、キャンセル扱いとなります。

お電話が集中した場合には、時間をおいておかけ直しください

(注意)ワクチン接種の予約開始にあたり、通信が集中し、警察や消防等への緊急通報や、ほかの通話に影響が生じる可能性がある場合は、通信網の容量を確保するため、通信事業者各社が通話制限を実施し、「ただいま電話が混みあっております」といった案内が流れることがあります。

海外の渡航先への入国時に、相手国等が防疫措置の緩和等を判断する上で活用するため、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種の事実を公的に証明する接種証明書を交付します。八戸市の接種券で接種した方に限ります。

(注意)この接種証明書は、海外渡航の際に必要な方へ交付するものです。それ以外の方が接種の記録を必要とする場合は、接種時に発行される「接種済証」(市が送付した接種券の右側にある予防接種済証)又は「接種記録書」をご利用ください。

(注意)この接種証明書は、提示することにより防疫措置の緩和等が認められる国や地域に渡航する場合に限って申請くださるようお願いいたします。

(注意)この接種証明書を所持することにより、あるゆる国や地域へ防疫措置が緩和された状態で往来が可能となるものではありません。いずれの国や地域への渡航時に活用できるかについては、最新の状況を外務省のホームページにおいて随時公表しております。

  • 【申請に必要な書類】
    (1)申請書(PDFファイル:56.8KB)
    (2)海外渡航時に有効なパスポートの写し
    (3)接種券番号が分かる書類の写し(提出できない場合には、保険証、運転免許証及びマイナンバーカード等の本人確認書類)
    (4)接種済証、接種記録書の写し
    (5)返信用封筒(切手貼付、返送先記載)
  • 【申請の方法】
    原則、郵便での申請のみとします。
    【郵送先】:〒031-0011 八戸市田向三丁目6番1号 新型コロナワクチン対策室宛て

次に該当する方で、接種券の再発行が必要な場合は、下記により再発行の申請をしてください。

  • 接種券を紛失、滅失、破損等した場合
  • 接種券の発送後に住民票所在地が変更となった場合(4月以降に八戸市に転入された方など)
  • 接種券が届かない場合
  • 住民票及び戸籍に記載がない場合
  • 「予診のみ」の券を2回使った場合
  • その他接種券の発行が必要であると市長が認める場合

【郵送での申請】
「接種券再発行申請書」に必要事項を記入し、下記送付先へ郵送してください。市は、申請書を受領し、内容に問題がなければ「接種券」を郵送により発行します。

  1. 申請様式
    接種券再発行申請書(PDFファイル:320.3KB)
  2. 送付書類
    接種券再発行申請書
  3. 送付先
    〒031-0011 八戸市田向三丁目6-1
    八戸市保健所新型コロナワクチン対策室

【インターネットでの申請】
厚労省が設けるウェブサイト上(https://v-sys.mhlw.go.jp)で、「接種券再発行申請書」を提出してください。市は申請内容を確認し、問題がなければ「接種券」を郵送により発行します。

【コールセンターで申請】
コールセンターで受付後、市は内容を確認し、問題がなければ「接種券」を郵送により発行します。
電話番号 050-5213-9423(通話料がかかります)
対応時間  9時~18時(平日)、10時~16時(土日祝)

転入者の方は、申請から発行までに1週間程度かかります。

新型コロナワクチンの接種対象者については、原則、住民票所在地の市町村において接種を行うこととしていますが、やむを得ない事情で住民票所在地以外に長期滞在している方は、接種を行う医療機関等が所在する市町村で接種を受けることができます。

  1. やむを得ない理由がある方
    次に該当する方で、医療機関等での接種を希望される方は、届出は不要ですので、接種を希望する医療機関へ直接予約してください。
    • 出産のために里帰りしている妊産婦
    • 単身赴任者
    • 遠隔地へ下宿している学生
    • ドメスティックバイオレンス、ストーカー行為等、児童虐待及びこれらに準ずる行為の被害者
    • 入院、入所者
    • 基礎疾患を持つ者が主治医の下で接種する場合
    • コミュニケーションに支援を要する外国人や障害者等がかかりつけ医の下で接種する場合
    • 副反応のリスクが高い等のため、体制の整った医療機関での接種を要する場合
    • 市町村外の医療機関からの往診により在宅で接種を受ける場合
    • 災害による被害にあった者
    • 拘留又は留置されている者、受刑者
    • 国又は都道府県が設置する「大規模接種会場」で接種を受ける場合(会場ごとの対象地域に居住している方に限る)
    • 職域接種を受ける場合
    • その他市町村長がやむを得ない事情があると認める者
    • なお、東日本大震災における原子力発電所の事故による災害により住民票のある市町村の区域外に避難する方は、避難元自治体が発行する「住所地外接種届出済証」を接種時に医療機関等の受付窓口にご提示ください。
  2. 事前の届出が必要な方〈現在休止中〉
    市が設置する集団接種等を希望する方は、下記のいずれかの方法で事前に届出が必要です。接種の際は、市が交付する「住所地外接種届出済証」を集団接種会場等の受付窓口にご提示ください。

【郵送での申請】
「住所地外接種届」に必要事項を記入し、「返信用封筒」を添付のうえ下記送付先へ郵送してください。市は、届出を受領し、届出内容に問題がなければ「住所地外接種届出済証」を郵送により交付します。

  1. 届出様式
    住所地外接種届(Wordファイル:18.5KB)
  2. 送付書類
    住所地外接種届、返信用封筒
  3. 送付先
    〒031-0011 八戸市田向三丁目6-1
    八戸市保健所新型コロナワクチン対策室

【インターネットでの申請】
厚労省が設けるウェブサイトから「住所地外接種届」を済ませたあと、問い合わせフォームから「予約番号」を申請をしてください。
郵送で「住所地外接種届」を申請する方は、「予約番号」の申請をする必要はありません。「住所地外接種届出済証」と同時に交付します。

  1. 「住所地外接種届」の申請
    厚労省が設けるウェブサイト(https://v-sys.mhlw.go.jp)で、「住所地外接種届」を申請してください。
    「住所地外接種届出済証」をウェブ上で交付しますので、印刷して接種会場へ持参するか、もしくは、スマートフォンでスクリーンショットした画像を接種会場で提示してください。
  2. 「予約番号」の申請
    集団接種会場を予約する場合は、「予約番号」が必要ですので、問い合わせフォームより申請してください。
    問い合わせフォームの「内容」には、住所地外接種届出済証に記載されている「申請受付番号」、「接種券番号」を入力し、さらに「氏名」、「ふりがな」、「生年月日」、「”予約番号交付申請”」と入力して申請をしてください。内容を確認し問題がなければ「予約番号」をメールより交付します。申請から予約番号の交付まで一週間程度かかります。

ワクチン接種の費用について

外国人の方を含めてすべての方が無料です。全額公費で接種することができます。

接種を受ける際の同意

新型コロナワクチンの接種は強制ではありません。接種を受ける方の同意がある場合に限り接種が行われます。職場や周りの方に強制したり、受けていない方への差別的な扱いをすることがないようお願いします。

コロナワクチンに係るお問い合わせ先

八戸市 新型コロナワクチンコールセンター

  • 電話番号   050-5213-9423(通話料がかかります)
  • 対応時間   9時~18時(平日)、10時~16時(土日祝)
  • 相談内容   ワクチン接種の手続きに関する問い合わせ  

(注意1)水曜日のみ英語での問い合わせにも対応します。On Wednesdays,we will provide English language support. 

(注意2)聴覚に障害がある方は、ファックス(0178-38-0736)または問い合わせフォームでお問い合わせください。

青森県 新型コロナワクチン相談電話

  • 電話番号   0570-012-018(通話料がかかります)
  • 対応時間   平日のみ 9時~17時
  • 相談内容    副反応等の医学的な知見が必要となる専門的な相談、医療機関からの相談

厚生労働省 新型コロナワクチンコールセンター

  • 電話番号   0120-761-770(フリーダイヤル)
  • 対応時間   9時~21時(土日・祝日も実施)
  • 相談内容   コロナワクチンに係る相談、施策についての問い合わせ

厚生労働省(聴覚障害者向け)

  • ファックス番号   03-3581-6251
  • 相談内容   新型コロナウイルス関連及びワクチンについて

 (注意) お問合せ前に(一財)全日本ろうあ連盟のホームページ(外部リンク)を確認ください。

国からの情報

参考(正しく理解していただくために)

医療法人はちのへファミリークリニック理事長の小倉和也医師が代表を務めるNPO法人Reconnect(リコネクト)のYoutube動画チャンネル。新型コロナウイルス感染症や新型コロナワクチンについて、一般の方向けの解説と、医療・介護職向けのワクチン接種に関する啓発や意思決定支援のプロジェクト。

新型コロナウイルス感染症や新型コロナワクチンの正確な知識を提供するため、全国の医師らが開設したインターネットサイト。

この記事に関するお問い合わせ先

健康部 保健予防課

〒031-0011 青森県八戸市田向三丁目6番1号 3階
感染症対策グループ 電話:0178-38-0715 ファックス:0178-38-0736
保健福祉グループ 電話:0178-38-0717 ファックス:0178-38-0736


〒031-0011 青森県八戸市田向三丁目6番1号 4階
新型コロナワクチン対策室 電話:0178-38-0730 ファックス:0178-38-0736


保健予防課へのお問い合わせフォーム

より良いサイトにするため、みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか
分かりにくかった理由はなんですか(複数回答可)
このページは見つけやすかったですか
見つけにくかった理由はなんですか(複数回答可)