療養証明書について(新型コロナウイルス感染症)

更新日:2022年09月26日

令和4年9月26日から全国一律で全数届出の見直しが行われることに伴い、発生届の対象者が、

  • 65歳以上の方
  • 入院を要する方
  • 重症化リスクがあり新型コロナウイルス感染症治療薬の投与又は新たに酸素投与が必要と医師が判断する方
  • 妊婦の方

限定されるため、令和4年9月26日以降に陽性と診断された場合で上記以外の方については、保健所からの連絡はなくなり、下記(1)のMy HER-SYSによる「療養証明書」の表示や、下記(2)の保健所による「宿泊・自宅療養証明書」の交付もできなくなりますので、予めご了承ください。

保険請求等に使う療養証明書はMy HER-SYSをご利用ください

これまではすべての方に「就業制限通知書」をお送りしていました

保険会社の医療保険等の入院給付金については、新型コロナウイルス感染症と診断され、宿泊療養や自宅療養となった方々に対しても支払いの対象となることがあります。

厚生労働省からの通知によると、生命保険協会及び日本損害保険協会では、宿泊療養又は自宅療養の期間が、厚生労働省の療養解除基準に準じた期間(例:発症日を0日目として10日間かつ症状軽快日から72時間経過した日、無症状の場合は検査を採取した日から7日間)の範囲内であれば、宿泊療養又は自宅療養の終了日の証明は求めない取り扱いとされています。

そのため八戸市保健所では、宿泊療養又は自宅療養されたすべての方に対して、感染症法に基づく「就業制限通知書」をお送りし、診断日(陽性判明日)が記載された当該通知書を保険請求の際に活用いただくようご案内していました。

今後はMy HER-SYSからご自身で「療養証明書」を取得してください

しかしながら、令和4年6月以降の感染急拡大を受け、就業制限通知書の発送まで非常に時間を要することで、必要な方の手続きが遅れる状況であることから、令和4年8月1日以降に陽性が判明した方については、就業制限通知書の発送を停止することとし、原則として、下記(1)のとおり、厚生労働省のシステムであるMy HER-SYS(マイハーシス)からご自身で「療養証明書」を取得していただきますようお願いします。

My HER-SYSのご利用が困難な方等については、下記(2)のとおり、申請により「宿泊・自宅療養証明書」を交付することとします。交付まで時間を要しますのでご了承ください。

なお、令和4年7月31日までに陽性が判明した方については、これまでどおり、就業制限通知書を順次お送りしています。申請は不要ですが、発送まで1~2か月程度お待ちいただきますのでご了承ください。

(1)My HER-SYSで「療養証明書」を表示する方法

対象者

  • 医療機関で検査(PCR検査、抗原検査等)を実施し、医師から新型コロナウイルス感染症の診断を受け、実際に療養を要した方が対象となります。
  • 既に八戸市保健所から「就業制限通知書」を受け取った方や、令和4年7月31日までに陽性が判明し「就業制限通知書」が届くのをお待ちの方もご利用になれます。

〈注意〉 疑似症患者の方(いわゆる「みなし陽性」と診断された方)はMy HER-SYSで療養証明書を表示することができませんので、下記(2)により、「宿泊・自宅療養証明書」の交付を申請してください。

表示方法

スマートフォンやパソコン等のブラウザから、My HER-SYSトップ画面(https://www.cov19.mhlw.go.jp/)へアクセスし、メールアドレスとパスワードでログインした後、トップページにある「療養証明書を表示する」というボタンを押下することで療養証明書を表示させることができます。

証明書の表示内容

  • 氏名
  • 生年月日
  • HER-SYS ID
  • 傷病名
  • 診断年月日
  • 担当保健所

注意事項

  • 事前にMy HER-SYSへの登録が必要です。
    登録に必要な「HER-SYS ID」は、八戸市保健所からスマートフォンや携帯電話に個別に送られたショートメッセージに記載してあります。
  • 現時点では、My HER-SYSの療養証明書に印刷機能やダウンロード機能がないため、スマートフォンのスクリーンショット等で画面を保存したうえで印刷してください。

(2)「宿泊・自宅療養証明書」の交付を申請する方法

  • 返信用封筒の入れ忘れと切手の貼り忘れにご注意ください。
  • ご自宅にプリンターがない場合は、下記の「交付申請書を印刷できない場合は」を参考にしてください。
  • 感染者数の増加により、申請から発送まで1~2か月程度を要する場合があります。進捗状況のお問い合わせはお控えくださるよう、ご理解とご協力をお願いします。

対象者

  • My HER-SYSの利用が困難な方
  • 疑似症患者の方(いわゆる「みなし陽性」と診断された方)
  • 宿泊療養又は自宅療養の期間が厚生労働省の療養解除基準で示されている期間(10日)を超えた方

〈注意〉 医師の診断を受けた時点で既に療養解除基準を満たしていた場合は、療養証明書の発行ができない場合があります。

申請方法

下記の3点を八戸市保健所あてに郵送して申請してください。
感染拡大防止の観点から、郵送での申請のみとさせていただき、保健所窓口での申請・交付は対応していません。

1.「宿泊・自宅療養証明書(新型コロナウイルス感染症専用)」交付申請書

  • 下記の交付申請書の様式により、必要事項を記入してください。
  • 交付申請書は1人につき1通必要ですが、ご家族分をまとめて郵送いただいても結構です。

2.療養者の本人確認書類の写し

  • 運転免許証、保険証、マイナンバーカード(氏名・住所記載の面のみ)、在留カード、パスポートなど、療養者本人の氏名・住所・生年月日が分かるものをA4サイズ以下でコピーしてください。

3.返信用封筒

  • 長形3号(定型郵便物で発送できるサイズ)をご用意願います。
  • 必ず84円切手(4人分以上の申請の場合は94円切手)を貼付し、返信先住所・氏名を記入してください。
  • 返信用封筒が同封されていない場合や、切手が貼付されていない場合は対応いたしませんので、あらかじめご了承ください。
【郵送先】

〒031-0011 八戸市田向三丁目6番1号 3階

八戸市保健所 保健予防課 

療養証明書発行担当 宛

交付申請書の様式

交付申請書を印刷できない場合は

交付申請書を印刷できない場合は、白紙のコピー用紙や便せん等に下記事項を記載したものをお送りください。

【申請する方に関する事項】

  • 申請年月日(記載した年月日)
  • 申請者の氏名
  • 療養者との続柄(療養者本人が申請する場合は不要です。療養者が未成年の場合はその保護者が申請してください。)
  • 申請者の住所
  • 申請者の電話番号
  • 宿泊・自宅療養証明書の交付を申請する旨(「この療養者の宿泊・自宅療養証明書の交付を申請します。」等と書き添えてください。)

【療養した方に関する事項】

  • 療養者の氏名(フリガナも記載してください。)
  • 療養者の生年月日

「宿泊・自宅療養証明書」に表示される内容

  • 療養者の氏名
  • 療養者の生年月日
  • 傷病名
  • 療養開始日(新型コロナウイルス感染症の診断日)
  • 療養終了日(国の指針に基づき、宿泊療養又は自宅療養の期間が10日以内である場合は記載を省略しています。)

注意事項

  • 感染拡大防止のため、交付申請書の記入・投かんは療養期間が終了してから行ってください。
  • 療養者が未成年の場合は、その保護者が申請してください。
  • 申請はお一人様1回に限り、複数枚の発行や再発行は対応していませんので、原本をお手元に保管しコピーしてお使いください。
  • 個別の保険会社の様式に合わせた証明書の発行には対応していませんので、お問い合わせはご遠慮ください。

ご不明な点はコールセンターにお問い合わせください

令和4年8月29日に「八戸市新型コロナウイルス感染症コールセンター」を開設しました。療養証明についてご不明な点は、当コールセンターにお問い合わせください。

電話番号:0178-80-7878

受付時間:24時間受付(土日・祝日含む)
 

この記事に関するお問い合わせ先

健康部 保健予防課 感染症対策グループ

〒031-0011 青森県八戸市田向三丁目6番1号 3階
電話:0178-38-0716 ファックス:0178-38-0736

保健予防課へのお問い合わせフォーム

より良いサイトにするため、みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか
分かりにくかった理由はなんですか(複数回答可)
このページは見つけやすかったですか
見つけにくかった理由はなんですか(複数回答可)