1/30-2/21 田附勝 写真展 「魚人 FISH―MAN」


『東北』を撮り続けてきた写真家 田附勝が
一年にわたり青森県八戸市の沿岸部で撮影した
海、魚、そして人びと
 
 
平成28年 1月30日(土)~ 2/21(日) 
※会期中の休館日 2月9 日( 火)
 
 
八戸ポータルミュージアム はっち2階シアター2
入場無料
9:00~21:00 ※初日は10:00 オープン
 
 
「魚人」は、はっちが平成26年度に「はっち魚(ぎょ)ラボ」プロジェクトの一環としてスタートしたプログラムで、田附勝氏が、大久喜地区や白浜地区など八戸市の沿岸部で漁業に携わる方々の暮らしを撮影したものです。
これらの写真シリーズは、平成26年から27年にかけての1年間にわたって八戸に通い撮影されました。東日本大震災の津波で流出した大久喜漁港の神社の鳥居を撮影するため、アメリカオレゴン州までも足を運んでいます。
 
平成27年2月にも当館において撮影の途中報告となる展覧会を開催しましたが(レポートはこちら)、今回の展覧会は1年間の撮影の成果をまとめた完全版のプロジェクト展覧会となります。
 
田附さんの視点から写真におさめられた、八戸の海の暮らし、人と魚、人と海の暮らしをぜひご覧ください。
 
--------
窓の外に太平洋が見える。
雨の日も晴れの日も風の日も
海は洋々とそこに横たわる。
人々は裏山に木を植え
畑で穀物や野菜を作り
満月の日に海藻を採る。
漁師たちは海と空だけの世界で
たったひとり魚と格闘する。
時に集落総出でウニ漁をし
その収穫をみんなで味わう。
みんなで海岸を掃除し
大漁と安全を祈る。
7,000 キロの海を隔てたオレゴンの浜でも
人々は同じように生きている。
大きな世界で私たちは生きている。
 
八戸の「魚人」の実像は
いつのまにか海の向こうの「魚人」とつながる。
--------
 

 
田附 勝 TATSUKI Masaru 
 
1974 年富山県生まれ。1998 年、フリーランスとして活
動開始。同年、アート・トラックに出会い、9 年間にわたり全国でトラックやドライバー
の撮影を続け、2007 年に写真集『DECOTORA』(リトルモア)を刊行。2011 年には写真集『東
北』)(リトルモア)を刊行し、第37 回(2011 年度)木村伊兵衛写真賞を受賞。2011 年「そ
の血はまだ赤い」(SLANT)、2013 年「KURAGARI」(SUPER BOOKS)、2014 年「おわり。」
(SUPER BOOKS)を刊行した。2015 年10 月、東京国際写真祭で「魚人」を発表。
2014 年5月、八戸ポータルミュージアムはっちの文化創造事業「はっち魚ラボ」の招きで、
八戸の浜に通い始める。毎月はっちにレジデンスしながら、白浜、大久喜などに通い、人々
の生活を撮影し続けた。また、2013 年3 月にアメリカ合衆国オレゴン州の海岸に漂着し
た大久喜漁港の神社の鳥居(東日本大震災の大津波で流失)を追って、2015 年5 月、ポー
トランドに渡り、保管されていた鳥居の笠木と浜の人々の暮らしを撮影した。
2015 年11 月、「魚人 FISH-MAN」(T&M Projects)を刊行。
 
 
 

アーティストトーク

 
平成28年 1月30日(土) 18:30~ 
 
はっち1 階 シアター1 参加無料
 
八戸で滞在制作した二人のアーティストが、八戸と世界、自然と人間の営み、
地域性と普遍性、表現と身体感覚について語り合います。私たちが生活してい
る場と世界とのつながりについて、また人間の豊かな生活とは何か、いっしょ
に考えてみませんか。
 
出 演 田附  勝(写真家)
    土谷  享(KOSUGE1-16 /アーティスト)
聞き手 吉川 由美(はっち文化創造事業アドバイザー) 
 
 
土谷 享 TSUCHIYA Takashi / 2001 年より車田智志乃とのアーティストユニット
KOSUGE1-16 として活動を開始。2008 年岡本太郎賞受賞。2014 年~15 年には車田が文
化庁新進芸術家海外研修制度に採択されイギリスのバーミンガムに拠点を移し活動。
2005 年横浜トリエンナーレ、2010 年あいちトリエンナーレ、2014 年いちはらアート
× ミックスなどに参加。2012 年~13 年にかけて、八戸ポータルミュージアムはっちで
「はっち流騎馬打毬」を展開。加賀美流騎馬打毬に焦点をあて、大澤未来監督による映像
詩「馬と人間」や、八戸中学校ロボコンとの協働による「はっち流騎馬打毬ロボコン大会」
などを企画実施した。代表作の「どんどこ!巨大紙相撲」や「長者町山車プロジェクト」
では作家の手を離れ継続的な広がりを持つ活動となり、パブリックアートの可能性の新た
な一面を見せている。また、日常生活内での所作から少し突出した実践を、生活を豊かに
して行く為に重要な存在と捉え、そこを共有できる人達と「自転車部」「スキンプロジェ
クト」「ラーメンJUNKO」などの趣味の延長ともとれる実践的なサークル活動やコラボも
積極的に行っている。
 
 
 
写真集 田附勝『魚人』
 
2 冊組
*210×297mm | 96頁 | 上製
*210×297mm | 48頁 | 中綴じ
デザイン:鈴木聖
published by T&M Projects,
 
2015 年11 月25 日発売
はっち1階カネイリミュージアムショップをはじめ、全国で販売中
 
「魚人」写真集 紹介ページ
 
----------
 
主催: 八戸市〔八戸ポータルミュージアムはっち〕  
協賛:株式会社カシマ  GRAIN HOUSE
協力: 八戸市南浜漁業協同組合 八戸鮫浦漁業協同組合 白浜、深久保、大久喜、金浜など浜のみなさん 
   富士フイルム株式会社 ポートランド日本庭園 内山貞文 T&M projects 株式会社金入 
   八戸市博物館 八戸市埋蔵文化財センター是川縄文館  
後援: 青森放送( 株) ( 株) 青森テレビ 青森朝日放送( 株) めんこいテレビ ( 株) 八戸テレビ放送 
   ( 株) 東奥日報社 ( 株) デーリー東北新聞社 河北新報社 ( 株) 時事通信社八戸支局 
   読売新聞青森支局 毎日新聞青森支局 産経新聞社青森支局  日本経済新聞社青森支局 ( 株) エフエム青森 
   コミュニティラジオ局BeFM 
 
----------
八戸ポータルミュージアム はっち
〒031-0032 青森県八戸市三日町11-1
TEL 0178-22-8228 FAX 0178-22-8808
URL http://hacchi.jp