皆様すでにご承知のとおり、北京オリンピック女子レスリング競技におきまして、前回のアテネオリンピックに続き、八戸市出身の伊調馨(いちょう かおり)選手が見事に金メダルを、伊調千春(いちょう ちはる)選手が銀メダルを獲得いたしました。

 オリンピックの個人種目で姉妹揃っての2大会連続のメダル獲得は、日本のオリンピック史上例がなく、しかも八戸市出身者によるその偉業は、まさに当市の誇りであります。

 お二人には前回のアテネオリンピックでの功績により既に郷土の誇りとして八戸市民栄誉賞を授与しておりますが、市では、今回「八戸市民栄誉大賞」を創設し、その栄誉をたたえることにいたしました。

 表彰の時期については未定でありますが、お二人の都合等も考慮しながら検討して参りたいと考えております。


<功績の概要>

 

伊 調 千 春(いちょう ちはる)

 昭和56年に八戸市に生まれ、5歳の頃からマットに立ち、八戸クラ ブで修練を重ねた。

 長者中学校を卒業後、早くから女子レスリングに取組む京都・網野高校へ進み、全国女子高校生選手権で2連覇を達成するなど、高校生としては無敵の強さを誇った。
 
 その後、東洋大学を経て中京女子大学で修練を積み、その間全日本選手権で2連覇するなど国内での活躍はもちろん、国際大会においても世界ジュニア選手権の2連覇をはじめ、世界学生選手権、アジア選手権、世界選手権などの主要な大会で優勝を果たし、目覚しい活躍を見せた。

 特に平成16年には、アテネオリンピックで見事銀メダルを獲得し、同年、八戸市民栄誉賞、青森県民栄誉賞、愛知県及び文部科学省スポーツ功労者顕彰を受けた。

 平成17年に綜合警備保障(株)に入社した後も、全日本選手権の3連覇をはじめ、アジア選手権で優勝、世界選手権で2連覇するなど、世界のトップアスリートとして確固たる地位を築いてきた。

 今回の北京オリンピックにおいて、前回のアテネオリンピックから2大会連続の銀メダル獲得という偉業を達成したその勇姿は、多くの市民に夢と希望を与えるとともに、本市の名誉を著しく高揚した功績は誠に大きいものがあり、その活躍は郷土八戸の誇りとして長くその栄誉を称えられるべきものである。


伊 調 馨(いちょう かおり)

 昭和59年に八戸市に生まれ、3歳の頃からマットに立ち、八戸クラブで修練を重ね、長者中学校在学中から全国女子中学生選手権で2連覇を達成し、早くから大器の片鱗を見せる。
 
 その後、中京女子大付属高校を経て名門中京女子大学で修練を積み、その間全国女子高校生選手権で2連覇、全日本選手権で5連覇を達成するなど国内での活躍はもちろん、国際大会においてもアジア選手権で3連覇、ワールドカップで5連覇、世界選手権で4度の優勝を成し遂げるなど、輝かしい戦績を残した。

 特に平成16年には、アテネオリンピックで見事金メダルを獲得し、同年、八戸市民栄誉賞、青森県民栄誉賞、愛知県及び文部科学省スポーツ功労者顕彰を受けたほか、紫綬褒章を受章した。
 
 平成19年に綜合警備保障(株)に入社した後も、アジア選手権、世界選手権などの主要な大会で優勝を果たし、世界のトップアスリートとして確固たる地位を築いてきた。

 今回の北京オリンピックにおいて、前回のアテネオリンピックから2連覇という偉業を成し遂げたその勇姿は、多くの市民に夢と希望を与えるとともに、本市の名誉を著しく高揚した功績は誠に大きいものがあり、その活躍は郷土八戸の誇りとして長くその栄誉を称えられるべきものである。