八戸清掃工場

 
組合トップへ 環境衛生トップ 施設の概要 ごみ受付案内 見学案内 地図 運転管理状況 放射性物質測定

  清掃工場へのごみ搬入についてお願い

 ■家庭ごみの少量の持込や資源ごみの持込みが増えています。
 清掃工場への直接持込みは、引越しや大掃除に伴う一時多量ごみ(概ね100kg以上)に対応しようとするもので、集積場に出せないような多量のごみが出た場合に直接お持込みいただくものですが、近年少量の持込みや資源ごみの持込みが大変増えています。
 多くの方が多数の車で来場することにより、施設内の事故や環境への負荷が懸念されますので、集積所に出せる場合には、集積所に出していただきますようお願いいたします。
 
 ■事業ごみの産業廃棄物の混入防止について
 清掃工場に搬入される事業所からの一般廃棄物に混入して、産業廃棄物(プラスチック類等)が搬入されています。事業活動に伴って発生する廃棄物のうち、産業廃棄物に該当するものは清掃工場には搬入できませんのでご注意ください。
 ・ここでいう事業活動とは、一般の企業・事業所のみならず、自営業、農業等も該当します。
  ※特に混入が目立つプラスチック類・・・PPバンド、食品トレイ、食品プラボトル、ビニール、プラスチック製ファイル等 (従業員が個人的に購入・消費した食品や飲料等の容器包装は除きます。)

  燃やせるごみ受付案内
 
 ■受付日時について
   ○受 付 日   月曜〜金曜(年末年始、祝祭日は休み)
   ○受付時間   9:00〜12:00、13:00〜17:00
 ■処分手数料について(H26.4.1より改定しました→詳細はこちら
   ○金  額
    ◎家庭系ごみ : 50キログラムごとに150円   ◎事業系ごみ : 50キログラムごとに460円
  (例) カッコ内は改定後
ごみ 手数料
(kg) 家庭系ごみ 事業系ごみ
〜 50 150円  460円 
〜 100 300円  920円 
〜 150 450円  1,380円 
〜 200 600円  1,840円 
 ※家庭系ごみとは……生活ごみを自分で搬入したもの
   事業系ごみとは……事業活動等に伴い発生したごみを自分(自社)で搬入したもの及び
               収集運搬業者が搬入したもの
   ○支払方法
    仝酋發砲茲觧拱А   ´廃棄物処分券による支払(廃棄物搬入許可証の交付を受けた方)
 ■廃棄物搬入許可について(事業者の方)
 事業者の方は、廃棄物搬入許可証の交付を受けてください。廃棄物搬入許可申請書は、八戸清掃工場、八戸リサイクルプラザ及び八戸市環境保全課に用意しています。
 ■ごみの搬入の仕方について
   ○受  付
 第一工場の計量棟において、搬入前後で車の重量を計り、ごみの重さから処分手数料を算出します。計量棟で係員の指示を受けてください。
  ○ごみの搬入
 ごみの搬入場所は、
  ・草、木、枝等 : 第二工場
  ・布団、じゅうたん類 : 第一工場入口付近
  ・その他燃やせるごみ : 第一工場ダンピングボックス
 となります。プラットホーム内では係員の指示に従ってください。また、
分けて降ろしやすいように搬入していただきますよう、よろしくお
 願いします。

 袋に入れて持ち込む場合は、45リットル以下の中身の見える(半)透明な袋に入れてください。中身の見えない袋等での搬入は、搬入不適物が入っていないか開けて搬入物を確認することがありますので御了承ください。 
  ○手  順
/号が青になったら、計量器に乗ってください。
⊇蚕蝓∋疚湘を記入して(廃棄物搬入許可証の交付を受けた方は、係員に提示して)、計量をします。
プラットホームへ進み、係員の指示に従い、それぞれ決められた場所に降ろします。
た号が青になったら、計量器に乗ってください。
シ徇未鬚掘⊇菠手数料をお支払ください。(廃棄物搬入許可証の交付を受けた方は、事前に廃棄物処分券を購入して、処分券での支払ができます。)
<第一工場> (場内配置図はこちら)

 ■受入できないごみについて
   ○区域外で発生したごみ
 八戸清掃工場は、“戸市、南部町(旧福地村の区域)、3上町で発生した燃やせるごみを処理する施設です。
 
区域外で発生したごみは受入できません。
   ○処理できないもの
    ‐(未裁断のもの)
 45cm×30cm(12等分)以下に裁断していないものは受入できません。裁断できないときは、購入店等に相談してください。
    長さ50cm、径10cmを超えるもの(木、枝等)
 長さが50cmを超える長いものや、直径が10cmを超える太いものは処理することができないため受入できません。裁断して搬入するか、八戸市一般廃棄物処理業者連絡協議会(TEL 27-8282)等に相談してください。(家具等は粗大ごみとして、八戸リサイクルプラザで受入します。)
    その他処理できないごみには以下のものがあります。(例)
 ・12等分以下に裁断していない畳 
 ・長さ50cm、直径10cmを超える材木、枝木  ・大きな網・ネット  ・長いロープ  ・タイヤ
 ・バッテリー  ・廃油  ・塗料  ・ロール状のもの(ビニール、紙等の資材)  ・火気のあるもの
    上記のもの以外であっても、判断できない場合は清掃工場へご確認ください。
 ■紙の再資源化について
 ダンボール、OA紙、チラシ、パンフレット、新聞、雑誌等は貴重な資源物です。家庭のものは、決められた資源物の収集日に出しましょう。事業所の方は、古紙回収業者またはごみの収集を委託している業者等に相談し、ごみの減量、リサイクルの推進に努めてください。また、持ち込むごみの入れ物として、ダンボールを使用するのはやめましょう。
 ■火災によるごみについて
 火災により焼損した残材の処分手数料は免除になる場合があります。ただし、「受入できないごみ」もありますのでご注意ください。
 申請方法等詳しい内容は八戸清掃工場までお問い合わせください。

このページのトップへもどる