八戸市都市公園等事業に関する「社会資本総合整備計画」の公表について

社会資本整備総合交付金制度の概要

この制度は「活力創出」、「水の安全・安心」、「市街地整備」、「地域住宅支援」の各政策目標を実現するため、基幹的な社会資本整備事業と、これらに関連する社会資本整備やソフト事業を総合的・一体的に支援する国土交通省所管の交付金制度です。

社会資本整備総合交付金は、従来の個別施策ごとの補助金制度とは異なり、地方公共団体にとって自由度が高く、創意工夫を活かせる総合的な交付金制度として、平成22年度より創設されました。

防災・安全交付金は、社会資本整備総合交付金制度において、地域住民の命と暮らしを守る総合的な老朽化対策や事前防災・減災対策の取り組み、地域における総合的な生活空間の安全確保の取組みを集中的に支援するため、平成24年度補正予算において創設されました。

→制度概要(国土交通省交付金制度ホームページ)

http://www.mlit.go.jp/page/kanbo05_hy_000213.html

八戸市では、社会資本整備総合交付金により都市公園等事業を実施するため、「社会資本総合整備計画」を作成しましたので公表します。

社会資本総合整備計画について

 基幹事業分野:「市街地整備」

社会資本整備総合交付金

計画の名称:「八戸市緑の基本計画」に基づく質の高い緑豊かなまちづくり

計画の期間: 平成28年度~平成32年度(5年間)

計画の目標 「八戸市緑の基本計画」が理念とする、みんなで“そだてる” “まもる” ”つなぐ”に基づき、都市公園や道路、学校等の公共公益施設の緑化を推進しながら、地域特性に応じた緑のネットワークづくりを進め、街全体の緑を関連付けて計画的に緑化を推進していこうというものである。地域特性を活かした緑の拠点となる「こどもの国」や「館鼻公園」の整備、長寿命化計画により管理されている公園施設の改築更新を行い、子どもや高齢者をはじめ、誰もが安全で安心して利用できる都市公園を目指すとともに、ゆとりと潤いに満ちた緑溢れる都市の実現を図るものである。
防災・安全交付金

計画の名称: 広域災害に備えた誰もが安全安心に暮らせる防災拠点づくり(防災・安全)

計画の期間: 平成26年度~平成30年度(5年間)

計画の目標 長根公園は、東日本大震災時(2011年3月11日)に救援物資の集積・配送基地となったが、避難場所としては既存施設の老朽化により避難者の安全確保が出来なかった。また、復旧のための支援車輌等の駐車スペースが不足したため、効率的な支援活動に支障があった。今後、厳冬期の大災害では屋内の施設が必要不可欠であり、とくに津波被害による避難についても長期化が予想される。このことから、屋外に設置され老朽化の著しいスケート場を屋内施設に更新し、大災害時の広域避難地、救援救護活動の前線基地、及び復旧のための資機材や生活支援物資の集積・配送基地となる防災施設として、更には、中心市街地に隣接する立地条件を最大限に活用し、市庁舎も近く防災上重要な位置にもあることから、連携した広域的な防災拠点としての機能強化を図る。


 



 


 

 

計画内容

 八戸市都市公園等事業で行う社会資本総合整備計画書・図面等は以下のとおりです。

 ※計画内容は社会資本整備総合交付金が平成28年3月8日現在、防災・安全交付金が平成26年3月28日現在。
今後の国政及び市政状況等により計画変更を行うこともあります。

  • 計画内容について

社会資本整備総合交付金計画(平成28年度~平成32年度)[68KB pdf] 

防災・安全交付金計画(平成26年度~平成30年度)[73KB pdf] 

図面(社会資本整備総合交付金)[130KB pdf] 

図面(防災・安全交付金)[121KB PDF]

  • 事前評価

チェックシート(社会資本整備総合交付金)[6KB PDF] 

チェックシート(防災・安全交付金)[4KB PDF]

 お問い合わせ先

 都市整備部 公園緑地課

 電話 0178-43-9437

 FAX 0178-47-0746