まちづくり交付金事業とは

まちづくり交付金は、地域の歴史・文化・自然環境等の特性を活かした地域主導の個性あふれるまちづくりを実施し、全国の都市の再生を効率的に推進することにより、地域住民の生活の質の向上と地域経済・社会の活性化を図るための制度で、市の作成する都市再生整備計画に基づいて実施されます。

八戸市では、平成17年度から八戸市中心市街地北地区の整備を実施しています。

  • 八戸市中心市街地北地区の概要についてはこちらをご覧ください。 

  

まちづくり交付金事業の特徴

地域の自主性・裁量性の大幅な向上

まちづくり交付金では、市が作成した都市再生整備計画に基づき総合的・戦略的に事業を実施することにより、各事業の相乗効果・波及効果が得られることが期待されます。また、地域の自主性・裁量性が向上されたことにより、地域の創意工夫を活かした個性あふれるまちづくりを行うことが可能となっています。

ニューパブリックマネジメント(NPM)の導入

都市再生整備計画にまちづくりの目標、目標を定量化する指標とその数値目標を設定し、事後評価において数値目標の達成状況等の確認と、交付金事業の成果を踏まえた今後のまちづくり方策を作成するなど、事後評価を重視した制度となっています。

 

まちづくり交付金事業の流れ

 

(1)PLAN

 都市再生整備計画の作成

  地域の特性を踏まえ、都市の再生必要な公共公益施設の整備等点的に実施すべき区域を対象に、まちづくの目標、数値指標、目標を成するたに実施する事業等を記した都市再生整備計画を作します。

→ 

(2)DO

 事業の実施

 都市再生整備計画に基づき、まちづくりの目標達成に必要な事業を実施します。国は、年度ごとに交付金を交付しています。

PDCA

サイクル

(4)ACTION

 必要な改善策の検討

 事後評価の結果を踏まえ、新たに浮き彫りとなった課題への対応策検討し、今後のまちづくりに活かします。

(3)CHECK

 事後評価

 事業期間最終年度に、目標の成状況を検証し、その要因分析等を行なう事後評価を実施します。

 また、その等について公表します。

まちづくり交付金では、PDCAサイクルの考え方を用いて、事後評価の結果を踏まえ、今後のまちづくりに反映するなどまちづくりの成果を高める検討を行ないます。 

なお、 まちづくり交付金事業の詳しい内容については国土交通省のホームページをご覧ください。

お問い合わせ先

まちづくり文化スポーツ観光部 まちづくり文化推進室

まちづくり支援グループ
電話 0178-43-2111(内線333)、0178-43-9425(直通)
FAX 0178-41-2302