せせらぎウォッチングとは

川の水質調査の方法の一つに、「川の中にどのような生物が住んでいるか調べる」というものがあります。「せせらぎウォッチング(水生生物調査)」では、この方法により身近な川の水質を調査します。

水生生物の種類によって、水のきれいな場所にしか住めないものや、汚れた水の中でも生きていけるものがいます。そのため川で水生生物を採集し目印となる生物の分類を行い、I(きれいな水)、II(ややきれいな水)、III(きたない水)、IV(とてもきたない水)の4階級で水質の状況を判定しています。

八戸市では、毎年6月の環境月間に、市内の小学校のみなさんにご協力いただきながら、せせらぎウォッチングを実施しています。この調査を通して小学生のみなさんの環境を大切にする気持ちを養っていきたいと考えています。 

調査の方法

川の中には様々な生物が住んでいます。川底にある石をひっくり返してみると、小さな虫(水生生物)たちが驚いて飛び出します。出てきた水生生物を、たも網を使って捕まえ、虫眼鏡などを使い、捕まえた水生生物の種類や数を調べます。

  • 用意するもの
    • ズックまたは長ぐつ・たも網・バット・ピンセット・虫眼鏡・記録用紙・筆記用具・着替え・タオル など
  • 注意すること

  1. 子どもだけで川に入ってはいけません。
    指導者と一緒に調査しましょう。
  2. 川底の石がとがっている場合があります。
    滑りにくいズックや長ぐつを履きましょう

調査結果

平成19~30年度に行った、ふる里河川公園(松館川)での水生生物調査の結果は、水質階級Iの「きれいな水」でした。 

せせらぎウォッチングの様子

お問い合わせ先

環境部 環境政策課

電話:0178-43-9265(直通)
FAX:0178-47-0722