(仮称)三日町にぎわい拠点「マチニワ」とは

 市では、第2期八戸市中心市街地活性化基本計画に基づき、「はっち」向かいの旧レック・旧マルマツ跡の三日町側において、街の魅力を高め、生活を豊かにする快適な都市空間の整備を進めています。施設の完成後は、花小路や周辺の建物内の通路を経由し、三日町から六日町や八日町へ通り抜けることが可能になることから、回遊性向上が期待されます。

《整備概要》

  • 建設場所      八戸市大字三日町20-1、21-1
  • 敷地面積      約1,091平方メートル(間口約28.4m×奥行約38.1m)
  • 建築工事費    約17億円
  • 整備内容      ガラス屋根、休憩・観覧のデッキ、備品倉庫、トイレ、植栽等
  • 延床面積      約1,250平方メートル
  • 施設のイメージ 

 

《マチニワの目指す姿》

  □  都市居住者や来街者にとってマチの魅力を高める場所

  □  生活を豊かにするサードプレイスとなる快適で心地よい場所

  □  はっちや周囲の建物と花小路をつなぎそれぞれの機能を共鳴させる場所

  □  文化・芸術が融合した創作活動等を楽しめる洗練された場所

  □  訪れる人々の交流が促進され自然発生的にコミュニティを生み出す場所

  □  様々な世代が時間を共有して過ごすことに喜びを感じられる場所

展示コンセプト「水の樹」

    水道企業団と共同でマチニワのシンボルを設置する。

    「水の樹」・・・根を張り、全てはつながり、空高く育っていくように

《マチニワの利用イメージ》

  ●日常的な利用

  マチニワは、街なかの「庭」のような役割を担うことから開放性と冬季間の利便性の両立を図る。

  ●ハレ

  ⇒八戸三社大祭や八戸えんぶり、八戸七夕まつり等の地域を代表する祭りやイベントと連動した利用や、

     新たなイベント企画を期待する。

  ●災害時

  ⇒災害等のもしもの時には、災害の発生から避難所へ移るまでの間に、一時的に身の安全を守るために

     避難する場所としての利用を想定。

事業経緯と今後の整備スケジュール

  • 平成25年度    基本構想策定
  • 平成26年度    基本設計
  • 平成27年度    用地購入、地質調査、実施設計
  • 平成28年度    変更設計、本棟工事、電気設備工事、機械設備工事
  • 平成29年度    本棟工事、電気設備工事、機械設備工事、展示工事、ソフト計画
  • 平成30年度    供用開始

これまでの取組み