木造住宅の耐震診断を支援します!

平成30年度募集案内
 

八戸市では、震災に強いまちづくりを推進するために、平成19年10月から「八戸市木造住宅耐震診断支援事業」を実施しております。

この事業は、一定の条件を満たす木造住宅の所有者が耐震診断を希望する場合、専門的知識を有する耐震診断員を派遣し耐震診断を行うことにより、木造住宅の耐震性能の確認や耐震化の意識の啓発を図ることを目的とした事業です。

耐震診断を希望する方は、対象住宅であるかを確認のうえ建築指導課窓口へお申し込みください。 

対象住宅

耐震診断の対象となる住宅は、八戸市内に存在し、次に掲げる要件全てに該当するものです。

  1. 昭和56年5月31日以前に建築され、昭和56年6月以降に増改築されていないもの。
  2. 一戸建て専用住宅又は併用住宅(延べ床面積の2分の1以上を住宅の用に供し、かつその他の用途に供する部分の床面積が50平方メートル以下であるものに限る)で地上階数が2以下のもの。
  3. 在来軸組構法又は伝統的構法によって建築された木造住宅であること。
  4. 現に居住の用に供していること。
  5. 原則として、延べ床面積が200平方メートル以下であること。
    (200平方メートルを超える場合は、個人負担の増額があります。)
  1. 過去に、この支援事業に基づく耐震診断を受けていない住宅であること。
  2. 市税を滞納していない方が所有する住宅であること。
診断費用

1戸当たり 8,000円(税込み) の個人負担となります。
(診断費用総額118,000円の内、110,000円を国、県、八戸市で負担します。)

募集戸数

20戸先着順

申込期間

平成30年7月2日(月) から 平成30年9月28日(金) まで

必要書類(各1部)
  • 申込書(下記ファイルをダウンロードまたは建築指導課で配布します。
    申込書 [42KB doc] 
  • 案内図
  • 建築時期及び延べ床面積が確認できるもの
  • 外観写真2枚以上
  • 概略平面図(建築確認申請書があればその写し)
  • 市税の滞納がないことの証明書又は添付書類省略に係る同意書
    添付書類省略に係る同意書 (36KBファイル.doc)  

◆耐震診断の流れ

  1. 申込書を提出します。(※)
  2. 審査の結果、対象住宅には「派遣決定通知書」が送付されます。
  3. 日時打合せのうえ、耐震診断員が現地調査に伺います。
  4. 診断後、耐震診断員は報告書を作成し、第3者のチェックを受けます。
  5. 耐震診断員が診断結果を説明に伺います。

※申請時に添付書類省略に係る同意書を提出した場合、市税の納税状況を確認するまで仮受付となります。

なお、提出書類に不備がある場合は、受付及び仮受付できませんので御了承ください。

◆その他ご不明な点は、下記にお問い合わせ下さい。

申し込み・問い合わせ先
都市整備部 建築指導課 建築指導グループ(別館6階)
電話 0178-43-9137(直通)
FAX 0178-41-2302(都市政策課内)