目的

平成17年3月31日の合併以来、市では、新市の速やかな一体化を促進し、旧八戸市と旧南郷村のそれぞれの魅力を活かしたまちづくりを進めてきました。

今年度は、合併から10年目を迎えており、地域自治区の設置期間や新市建設計画の計画期間の最終年度に当たることから、合併からこれまでの新市の状況について、総合的・客観的に検証を行い、今後のまちづくりに活かすことを目的に、報告書をとりまとめました。
 

報告書の構成
  1. 行財政基盤の状況
  2. 行政サービスの状況
  3. 地域自治区の取組状況
  4. 新市建設計画の進捗状況
  5. 合併支援措置の活用状況
  6. これからのまちづくり
     
報告書

 八戸市合併検証報告書 [2.28MB PDF]