活用アイディアコンペの各賞が決定しました !!

 活用アイディアを応募いただいた皆様による公開プレゼンテーションにより、各賞を選考いたしました。提案された内容を掲載しました。

          【出場者の皆様】

  

 

     

番号

個/団

グループ名または氏名
(敬省略)

活用アイディアタイトル

及び発表資料

内容

1

個人

桜庭 佐恵子

マチニワで『街サークル』~人と地域とつながろう!~

01_ [393KB PDF] 

こどもサークル、散歩サークルなど、マチニワを中心にした市街地で活動する街サークルの提案

2

個人

岩岡 徳衛

☆アイディア賞☆

私の考えるマチニワ

02_ [1157KB PDF] 

02模型1 [345KB JPG] 
02模型2 [93KB JPG] 

「無目的性」の追求と調和
消える池、ハーフミラーの壁、昇降式ステージなど邪魔にならないが、面白い仕掛けの提案。

3

個人

下田 武夫

マチニワというよりは、町家の土間(かな?)

03_ [211KB PDF] 

冬季のため、囲われた空間。トイレを有料。木構造とし、木製建具を使った空間を提案。

4

団体

まちなか観光応援隊

みんなが集いほほえむ
キュートなマチニワ

04_ [272KB PDF] 

0歳からシニア層まで集える、緑と水と坂をキーワードに一年中遊べる空間の提案

5

団体

デジタルサイネージ研究会

都市空間を演出する
「マチニワビジョン」

05_[1.83MB PDF] 

デジタルサイネージ(電子的表示機器)を利用した様々な情報発信、イベント・アートの演出の提案

6

団体

粉んなモン!(コンナモン)
☆ワイワイ賞☆

「手焼きせんべい体験」で街中めぐり
~手焼きせんべいパスポート~

06_ [620KB PDF] 

手焼きせんべい体験をし、そのせんべいパスポートで、協力店での割引等が受けられる。

7

団体

八戸聖ウルスラ学院高等学校

☆わくわく賞☆

みんなが一緒に盛り上がれるマチニワ

07_ [1.08MB PDF] 

みなが楽しめるステージを作り、バンドの演奏、有名ミュージシャンを呼ぶ。

8

団体

team SABAS

まちなかに八戸の自然のミニアチュールをつくる

八戸の海・空・魚。まちなかに八戸の自然を再現し、憩いの場に。まちなかピクニック、路地をつくるなどの提案。

9

団体

創作忍群 こんにゃく

若者がはっちゃけられるマチニワ

はっちではできない屋外活動。大きい折り紙作りにより、アートやコミュニティの創出の提案。

10

団体

as

☆☆マチニワ賞☆☆

中心街の交流の港としてのマチニワ

10_ [1756KB PDF] 

繋がる、楽しむ、休むをテーマに中心街の人と人、人とモノの交流点としての空間づくりの提案

  • 日時:平成26年10月11日(土)13:00~16:00
  • 場所:八戸ポータルミュージアム1階「はっち広場」 
  • 内容:10者による活用アイディアのプレゼンテーション    
(仮称)三日町にぎわい拠点「マチニワ」の活用アイディアコンペ実施  応募締め切りました

 市では、(仮称)三日町にぎわい拠点(マチニワ)の活用方法やそのための機能などについて、多くの皆様からアイディアを募集し、街に来ることが楽しみで、みんなが交流できる場所を一緒に創り上げていきたいと考えております。市民に愛される場所として、たくさんの面白い、楽しいアイディアの応募をお願いします。

賞品(はちのへ共通商品券)
マチニワ賞(1作品) 5万円分
アイデア賞(1作品) 5万円分
ワイワイ賞(1作品) 3万円分
わくわく賞(1作品) 3万円分
(ワイワイ、わくわく賞は、グループのみ)
スケジュール
・質疑締切り:8月1日(金)
・質疑回答、説明会&まち歩き:8月8日(金)
・応募締め切り:9月30日(火)
・選考:10月11日(土)はっちひろば

《応募資格》八戸市に愛着があり、魅力的な楽しい居場所をつくりたい方(グループでの応募も可)

《選考方法》公開プレゼンにより選考(応募者多数の場合は、予備選考あり)

《募集内容》街に来ることが楽しみで、みんなが交流できる「マチニワ」の使い方

イベント、日常的な使い方、季節に応じた使い方、周辺施設との連携など、「マチニワ、○○があるから行ってみよう!」など、街にくることが楽しみになる活用アイディアの募集です。

 《提出書類》

  • 「(仮称)三日町にぎわい拠点(マチニワ)」活用アイディアコンペ提案書(コンセプト、八戸市や中心街に対する想い等)

  様式.pdf [52KB PDF]  様式.doc [44KB DOC] 

  • 上記書類の他、電子媒体(CD-R等)を1部ご提出ください。

 《応募締め切り》平成26年9月30日(火)

 《応募方法》

  • 郵送(9月30日の消印有効)及びまちづくり文化推進室に直接持参
  • 送付先

〒031-8686 八戸市内丸1丁目1番1号(市庁別館6階)
八戸市まちづくり文化推進室 まちづくり支援グループ
電話:0178‐43‐9425 FAX:0178‐41‐2302
E‐mail:machi@hachinohe.aomori.jp

 あなたのアイディアが(仮)「マチニワ」を少しずつ創っていきます!

(仮称)三日町にぎわい拠点「マチニワ」とは

  現在、市では平成26年4月に策定した「(仮称)三日町六日町街区にぎわい拠点整備基本構想」に基づき、「はっち」向かいの旧レック、旧マルマツ跡(三日町側)に、街の魅力を高め、生活を豊かにする快適な都市空間(仮称)三日町にぎわい拠点「マチニワ」の整備を進めています。

 《場所》八戸市大字三日町20-1、21-1

 《特徴》

  • 敷地面積:約1,000平方メートル(間口約28m×奥行約39m)
  • 隣接施設:「はっち」、「みろく横丁」、「花小路」、六日町複合商業ビル(整備中)

※マチニワの完成後は、花小路、共用通路により、六日町側や八日町側に通り抜けが可能になります。

  • 附帯設備:全天候に対応するため、屋根付となる予定

《マチニワの目指す姿》

  • 周囲をつなぎ、それぞれの機能を共鳴させる場所
  • 文化芸術が融合した創作活動が楽しめる場所
  • 様々な世代が時間を共有でき、喜びを感じさせる場所
  • マチの魅力を高める場所
  • 生活を豊かにする快適な都市空間
  • 自然発生的にコミュ二ティを生み出す空間 

(仮称)三日町六日町街区にぎわい拠点整備基本構想 [3.06MB PDF]

マチの魅力再発見まち歩き!&アイディアコンペ説明会 終了しました 

(仮称)三日町にぎわい拠点「マチニワ」の利活用について市民等からアイディアを募るため、まち歩きを兼ねた説明会を実施しました。 ご参加の皆様、雨の中お疲れ様でした。いろいろな意見があり、今後、アイディアコンペの参考にして頂ければと思います。

《日時》平成26年8月8日(金) 17:30~19:00

《場所》はっち5階 共同スタジオ・レジデンスE

整備基本構想について(平成25年度)

市では、平成26年4月に整備基本構想を策定し、公表しました。

(仮称)三日町六日町街区にぎわい拠点整備基本構想 [3.06MB PDF] 

※整備基本構想の策定にあたり市民から意見を募集し、9名の方から意見の提出がありました。

(実施期間:平成26年2月28日(金)~3月13日(木))意見募集のページは、こちらです。

整備スケジュール

  • 平成26年度:測量調査、基本計画・基本設計
  • 平成27年度:実施設計
  • 平成28年度:建設工事(平成29年春 供用開始予定)  

お問い合わせ先

八戸市まちづくり文化スポーツ観光部 まちづくり文化推進室 まちづくり支援グループ

電話 0178-43-9425(直通)
FAX 0178-41-2302