三圏域(八戸・久慈・二戸地域)の名称「北緯40°ナニャトヤラ連邦」のロゴマークデザインについて、平成22年7月12日(月)~平成22年8月25日(水)まで公募を実施したところ、38作品の応募をいただきました。ご応募いただいた皆様、ありがとうございました。

 三圏域連携懇談会による厳正な審査の結果、ロゴマークデザインは、次のとおり決定しました。

 決定したロゴマークは、今後、三圏域連携懇談会が開催するイベント等へ使用し、「北緯40°ナニャトヤラ連邦」を内外に広くPRしていく予定です。

● ロゴマークデザイン

 

【制作者(最優秀賞受賞者)】 小倉 緑さん(三沢市)
【デザイン意図】 
 「ナニャトヤラ」という不思議な語感に寓話的な世界観を見出し、働き者で仲良しの「ナニャトヤラ人」をイメージし、三圏域の連携を、三体のシルエットのつながりで表現しました。
 釣具や農具は、三圏域の誇る産業を、また、三つの星は、北緯40°台の同緯度において、同じ星空を見る三圏域の共同性や一体感を象徴します。


表彰式を実施しました
平成22年10月21日、八戸市庁において、最優秀賞受賞者の表彰式を実施し、三圏域連携懇談会座長(八戸市長)より、受賞者の小倉さんに表彰状と賞品を贈呈しました。

   


● 入賞者について
【最優秀賞】(採用作品応募者1名

 小倉 緑さん(三沢市)

【優秀賞】(最終審査候補作品応募者3名)
 工藤 和久さん(弘前市)
 冨田 喜平司さん(二戸市)
 梅村 元彦さん(春日井市)

【努力賞】(小中学生応募者3名)
 馬場 あさひさん(二戸市)
 古舘 侑佳さん(二戸市)
 坂口 智彦さん(吹田市)