第21回「協働のまちづくり研修会」を開催しました

市民の皆様に協働のまちづくりへの理解を深めていただく「協働のまちづくり研修会」。
今回は、「地域づくりは人と人とのつながりから~多様な主体による協働のまちづくり~」をテーマに、町内会やNPO、学校、事業所など、さまざまな団体が組織の枠を超えて連携し、地域を活性化するための秘訣や地域人材の発掘方法など、自身も地域やNPOでまちづくり活動を実践する講師によるお話のほか、市内の団体による事例発表を行いました。
多数のご来場をいただき、ありがとうございました。

  

日時・場所

 平成27年11月8日() 13:30~16:15

 八戸グランドホテル2階 翔鶴の間

内容
【基調講演】

<演題>「人脈(つながり)から発想するまちづくり~多様な主体で共助再生を図る協働へ~」

<講師> 市民社会パートナーズ代表 庄嶋 孝広(しょうじま たかひろ)氏 

講師 プロフィール○     

 1974年福岡県志摩町(現・糸島市)生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業後、経営コンサルティング会社、まちづくりNPO勤務を経て、2006年市民社会パートナーズを開業。2011年4月より大田区非常勤特別職(地域力連携協働支援員)を兼業する「民間と公務の二刀流」。おおた区民活動団体連絡会共同代表、大田区小学校PTA連絡協議会会長などとして活動する「地区メン(チクメン)」。雑誌「プレジデント」に掲載の『「2007年日本を動かすキーマン」100人図鑑』でキーマンの一人として紹介された。共著に『市民自治のこれまで、これから』(公職研)がある。 

 

 

       

【事例発表】

 <発表団体>

 ○美保野小学校 地域学校連携協議会「美保野・金吹沢地区里山づくり」

 ○田面木まごころネットワーク「認知症徘徊(はいかい)模擬訓練」

  ⇒市民活動団体「ミセスV6」制作のビデオ上映による発表。 

  事例発表終了後に、発表団体と講師によるトークセッションを行いました。

  

【市民活動団体パネル展】

当日は、市民活動団体の日頃の活動などを紹介する「市民活動団体パネル展」を同時開催し、約20団体のパネル展示を行いました。

    

参考

  • これまでの協働のまちづくり研修会の概要はこちら
  • 協働のまちづくり研修会は、県民カレッジ単位認定講座です。  県民カレッジ単位認定講座マーク

 
 

このページや協働のまちづくり研修会に関するご意見・お問い合わせは、こちらへお願いします。

お問い合わせ先

総合政策部 市民連携推進課 市民協働グループ
〒031-8686 八戸市内丸一丁目1-1
電話 0178-43-9207(グループ直通)
FAX 0178-47-1485
メール renkei@city.hachinohe.aomori.jp